「カードローンを利用したいけど、勤務先に電話がかかってくるのは避けたい」

カードローンを利用すると会社に電話がされる、いわゆる在籍確認がおこなわれます。

そもそも在籍確認ってなに?

在籍確認とは、審査をする保証会社から申込者の勤務先へ勤めているかを確認するためにおこなわれる電話連絡のことをいいます。

基本的には在籍確認を避けることはできませんが、電話ではなく書類で在籍確認がおこなえるキャッシング会社が中にはあります。

在籍確認を避けたいのであれば、会社への電話連絡なしで借り入れができる金融機関を利用するのが得策です。

在籍確認の電話はどのようにおこなわれる?

キャッシングの審査を受ける前に、あらかじめ在籍確認がどのようにおこなわれるのかを把握しておきましょう。

キャッシングの申し込みをすると、審査をおこなう保証会社から電話連絡が入り、このまま手続きをすすめていいか、という意思確認がおこなわれます。

この意思表示後に在籍確認がおこなわれるケースがほとんどです。

では、具体的にどのように在籍確認がおこなわれるのかをシミュレーションしていきましょう。

在籍確認がされる時の保証会社の対応

(保証会社)「◯◯(担当者名)と申しますが、△△さんはお見えでしょうか?」

(会社の人)「△△は今、席を外していますが…。」

(保証会社)「分かりました。それであれば大丈夫です。失礼します」

このようにして在籍確認がおこなわれます。

基本的には保証会社の担当者の個人名で電話連絡がかかってきますが、銀行カードローンの場合、銀行名でかかってくるケースがあります。

しかし銀行名で電話連絡がかかってくる場合は、その旨があらかじめ伝えられるので不都合があるようなら、担当者の個人名に変更してもらうこともできます。

電話番号でも会社にバレる心配なし

会社の電話機は、かかってきた電話番号がディスプレイに表示されるものがほとんどだとおもいます。

ここで心配なのが、そのディスプレイに表示された番号からキャッシング会社が特定してしまわないかというところですよね。

消費者金融や銀行系のカードローンなら「携帯電話番号」、銀行カードローンは「非通知」で在籍確認がおこなわれるケースが多いです。

このようにカードローンの在籍確認は、ディスプレイに表示される電話番号にまで配慮されて在籍確認がおこなわれるので、会社の人に不信がられてしまう心配はありません。

とはいえ、消費者金融の携帯電話番号ならいいものの、非通知でかかってくる銀行カードローンはやや怪しまれてしまう可能性があります。

また会社の電話機が非通知を拒否している場合だと、審査をおこなっている保証会社のフリーコールで電話連絡がかかってくることがあります。

会社の人に怪しまれることなく在籍確認をクリアしたいのであれば、表示される番号にまで徹底的に配慮してもらえる消費者金融を利用するのがベストではないでしょうか。

WEB完結なら電話連絡なしの「SMBCモビット」

SMBCモビットは、 WEB完結で契約すると電話連絡なしでキャッシングサービスが受けられます。

モビットのWEB完結申込なら電話連絡なしで契約できるうえ、自宅郵送物も一切ありません。

SMBCモビットでの借り入れを希望される場合は、下記の記事を合わせてご覧ください。

SMBCモビットで今すぐ借りるための条件!申し込みと振込融資の方法

SMBCモビットで今すぐお金借りるための条件を徹底解説。実際に管理人が申し込みをして、本当に審査時間は最短30分だったのか調べてみました。振込時間は何時までなのか、また土日祝日でも即日融資ができるのか、モビットの当日借り入れに関する詳しい情報をまとめています。

在籍確認が避けられないなら言い訳を考えておくのが有効

勤務している会社が、国民保険だったり給料明細書がなかったり。そういった場合は、残念ながらSMBCモビットがおこなっている電話連絡なしの在籍確認サービスを受けることができません。

勤務先への電話連絡を避けられないとはいえ、上手く切り抜ければ会社の人にバレずにカードローンで借り入れすることが可能です。

在籍確認の電話連絡がかかってきたことを想定して、あらかじめ言い訳を考えておきましょう。
「クレジットカードを作った」と言ってその場を切り抜ける

そもそも在籍確認は、カードローンで借り入れをした場合のみにおこなわれる訳ではありません。

クレジットカードを作ったときや住宅ローン、自動車ローンなどを契約したときにも在籍確認はおこなわれるのです。

住宅ローンや自動車ローンではあとからすぐに嘘がバレてしまいそうですが、クレジットカードなら誰でも持っていますし、怪しまれることはないのでしょうか。

また後述で詳しく説明していますが、カードローン会社の中にはフリーダイヤルで在籍確認がおこなわれるケースがごく稀にあります。

たとえ会社の電話番号の表示がフリーダイヤルだったとしても、クレジットカード会社からの電話連絡であれば不思議ではありません。

やはりクレジットカードを作ったと言ってその場を切り抜けるのが、もっとも妥当な言い訳だといえます。

在籍確認について聞かれても知らないフリをする

クレジットカードの言い訳がベストだと考えられますが、人間とっさの出来事に対してはシラを切ってしまうものです。

反射的に知らないフリをしてしまうと思いますが、この方法も十分に有りだと考えられます。

会社の人からはやや怪しまれるかもしれませんが、知らないっといっているのだからそれ以上深く追求されることもないでしょう。

子供の学校の先生からの電話だと言う

在籍確認の電話連絡は、男か女か、あるいは名前の指定をすることができることをご存知でしょうか。

これを子供の学校や幼稚園の先生の名前にしておけば、あなた宛の電話が会社へあったとしても不自然な話ではありません。

最近では子供がすり傷を作ったときに使用する薬の確認などを、わざわざする幼稚園や学校もあるくらいですから、子供をもつ親ならこの言い訳が十分に通用すると考えられます。

在籍確認なしで借りれる銀行カードローンはある?

銀行カードローンは、保証会社により必要だと判断された場合にのみ在籍確認がおこなわれます。
あくまで必要な場合となっていますが、ほぼ在籍確認はおこなわれ、おこなわれないケースのほうが少ないのが現状です。

銀行カードローンは在籍確認をおこなわれない場合がある

銀行カードローンは、キャッシング審査で在籍確認がおこなわれない場合もあります。

ただ、かつては在籍確認がおこなわれないという事例もありましたが、こういった銀行カードローンのルーズな貸付姿勢が問題となり、現在において在籍や収入証明の厳格化が実施されています。

在籍確認をおこなうほど、また収入証明をおこなうほど信用力が高まり、金額の多い貸付が期待できますので、在籍確認はおこなわれるものだと思っておいたほうが良いでしょう。

100%在籍確認なしで借りられる銀行カードローンは無い!

先ほど在籍確認をおこなうことで信用力が上がるといいましたが、在籍確認の有無を決定するのは利用者ではありません。

保証会社が在籍確認をすることで「◯◯円までの貸付に対応できる」と判断するため、100パーセント在籍確認がおこなわれない銀行カードローンはないのです。