お金が必要になる時は、なぜか急にやってくる事が多いものです。

そんなときにカードローン関係の広告などで、よく「即日審査」という言葉をみかけますよね。

さて、これは本当にその日のうちに審査結果が得られるものなのでしょうか。

結論からいうと、即日審査と書かれているカードローン会社のほとんどは当日中に審査結果が得られません。

即日融資を希望する場合は、審査時間が「最短30分」としっかり明記されているカードローン会社を選択するのが常識です。

このカラクリをきちんと理解しておけば、申込当日の融資も可能になります。

カードローンの審査時間の知っておきたい常識

審査の時間は、各カードローン会社によって違います。

少し注意する点が、「最短当日」という記載のあるカードローン会社は、100%当日中に審査回答が得られるわけではないということです。

「最短当日」の表記は当てにならない

「最短当日」という審査時間を鵜呑みにしてカードローンの申し込みをすると、当日中に審査結果が得られないという事態に陥り、当然ながら即日融資が受けられなくなります。

では、なぜ最短当日と記載されているにも関わらず、審査結果がその日のうちに分からなかったのでしょうか。

最短当日というのはあくまで最短になるため、審査の返答をするまでに3日かかったとしても「審査が混み合っていた」などの言い訳がいくらでも効くからです。

このように最短当日と記載されているカードローンは、鼻から急いで融資をおこなう気がありません。

最短当日のカードローンを選択すると、結果的に即日融資が受けられないケースが多いです。

「最短◯◯分」のカードローンなら即日融資が受けられる可能性が高い

「最短30分」と時間が明記されてるカードローン会社は、即日融資がおこなえる可能性が高い金融業者になります。

消費者金融のプロミス、アコム、アイフル、SMBCモビットがこれに該当します。

つまり、例示したカードローン会社なら、即日融資がおこなえる可能性が高いといえます。

申し込み当日中のキャッシングを希望しているなら、審査時間がしっかり明記されているカードローン会社を選択するのが賢明でしょう。

本当にすぐに審査結果がわかるキャッシング会社はどこ?

自慢ではないですが、私自身あらゆるカードローン会社へ申込をして審査を受けてきました。

その中でダントツに審査のスピードが速かったのは、プロミスになります。

プロミスは、最短30分の即日審査が可能で、最短1時間で融資までおこなえます。

私の場合は、申込完了から5分もたたない間に審査の結果がわかりました。

急ぎで融資を受けたいなら、プロミスでキャッシングをしてみてはいかがでしょうか。

プロミスを利用する場合は、「プロミスで即日借入れする方法|土日でも振込キャッシングが可能?」のページも合わせてご覧ください。即日融資の方法などを詳しく説明しています。

申込から融資が受けられるまでのスピード

申込から融資までのスピードは、利用する金融機関によって違ってきます。

一概にはいえませんが、平均して次のような時間がかかります。

銀行のキャッシング

銀行のキャッシング 1日以内〜1週間

銀行のキャッシングは、即日融資に対応しているところなら早ければ1日以内、遅ければ1週間くらいかかります。

事前に口コミやその銀行などの情報を調べたうえで、申込をおこなうようにしましょう。

ネット銀行のキャッシング

ネット銀行のキャッシング 1日〜10日間

最近では、支店をもたないネット銀行が増えてきました。オリックス銀行、ジャパンネット銀行などがこれにあたります。

ネット銀行は口座を持っていれば融資までのスピードが速いですが、口座がないと1週間から10日くらいはかかるので即日融資には少し不向きです。

契約先の銀行口座を持っていないようであれば、そのほかのカードローンを選択するのが無難です。

消費者金融のキャッシング

消費者金融のキャッシング 1日以内

消費者金融は、ローン契約機が閉まってしまう21時〜22時までに手続きがすべて完了すれば、その日のうちにキャッシングがおこなえます。

即日キャッシングの成功率が圧倒的に高いため、即日融資を受けるなら消費者金融といっても過言ではありません。

消費者金融の審査時間とスピードまとめ

大手の消費者金融は、利便性の違いはありますが、どこで融資を受けても審査時間にそこまで大きな差異はありません。

審査時間 融資までのスピード
プロミス 最短30分 最短60分
アイフル 最短30分 最短60分
SMBCモビット 最短30分 最短60〜90分
アコム 最短30分 最短60〜90分

審査スピードはどこも変わらないので、利便性の面(振込融資・カードレス・無利息等)で比較をしてカードローンを選択していくと良いでしょう。