総量規制についてイマイチよく分からない、という人も多いのではないでしょうか。

総量規制とは、融資額を年収の3分の1までとした制限のことをいい、総量規制の対象になるものと、そうでないもの、あるいは例外と除外になるものがあります。

主に総量規制の対象になるものは、クレジットカードやカードローンなどの貸金業者となり、貸金業者ではない銀行のカードローンはこれに含まれません。

つまり、カードローンに限って言えば総量規制の対象になるのは、アイフルやプロミスなどの消費者金融業者ということになります。

例)年収450万円の人の場合

1社から200万の借り入れ済み ⇒ もうどこからも借り入れ不可能
5社から150万の借り入れ済み ⇒ あと50万の借り入れ可能

何社の消費者金融から借り入れをするかではなく、借り入れの総額が年収の3分の1以下であれば良いということです。

総量規制の対象となる賃金業者

銀行カードローンは総量規制対象外になりますが、自主規制の影響で貸付上限額を年収の3分の1までに引き下げています。

また銀行は、既に他社借入があると審査に落ちる印象があります。

既に他社借入がある場合は、消費者金融のように融資に積極的なカードローンを検討されてはいかがでしょうか。

消費者金融でも年収3分の1キャッシングが可能

消費者金融は総量規制の対象になるといいましたが、消費者金融でも証書貸付による借り入れであれば総量規制の例外となり、年収3分の1を超えるキャッシングが可能となります。

総量規制の例外貸付は、総量規制に含まれませんので、すでに総量規制を超えるキャッシングがある場合においても年収3分の1を超える融資が期待できます。

消費者金融で総量規制以上の借り入れを希望するなら、web申込後に「証書貸付による年収3分の1を超えるキャッシングをしたい」という旨を伝えると、その詳しい案内をしてもらえます。とはいえ、すべての消費者金融で総量規制オーバーの借り入れができるわけではないので、その点のみご注意ください。

下記で紹介しています消費者金融のカードローンであれば、総量規制を超えた場合でもキャッシングサービスが受けられます。

アイフル

  • 「借り換えMAX」で貸金業法に基づき年収3分の1を超えるキャッシングが可能
  • 来店不要!22:00まで即日融資に対応してもらえる
  • 家族や配偶者、誰にもバレずにキャッシュカードが受け取れる
審査時間 最短30分
実質年利 3.0%~18.0%
借入限度額 800万円

プロミス

  • 手続きをWEB上で全て終わらせることができる(申し込み〜契約、融資)
  • 初回限定で30日間無利息サービス
  • 平日14:00以降&土日でもWEB契約でATMによる即日融資が可能

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

審査時間 最短30分
実質年利 4.5%~17.8%
借入限度額 1〜500万円

総量規制超えても借り入れするなら銀行?消費者金融?

基本的には、消費者金融は総量規制の対象になりますが、貸金業法に基づき例外として年収3分の1を超えるキャッシングをすることができます。

そうなると銀行と消費者金融、どちらのカードローンを利用するべきなのか、という問題に直面するのではないでしょうか。

結論からいえば、すでに借入している状態にあるなら積極的な貸付が期待できる消費者金融で総量規制超えのキャッシングをするのがベストです。

審査に自信がないなら消費者金融で総量規制超えの借入をするべき

現在、銀行の過剰な貸付が問題とされ、大手から地方までの約9割の銀行が審査厳格化の姿勢にあり、カードローンの利用が難しい状態にあります。

銀行カードローンの現状

収入証明書の提出額 300万円 → 50万円
融資額 年収の半額まで → 年収3分の1まで

銀行のカードローンは、総量規制の対象から外れるものの、審査厳格化の影響で融資額が年収3分の1までに制限されています。

もちろん、すべての銀行カードローンが融資額を年収3分の1までに制限しているわけではありませんが、123行ある銀行のうち73行がこの基準に該当するとされています。

総量規制超えのキャッシングをおこなうのであれば銀行という状態ではなくなっており、消費者金融の時代へと移り変わりつつあるのが現状です。

他社の借り入れがあっても借りられるカードローン

すでに借り入れが、3件、4件、あるいは5件もある人は、できる限り融資に対して積極的なカードローンを選択するべきです。

先ほども言いましたが、銀行のカードローンは審査の厳格化を発表して以降、複数の債務を重ねている人、いわゆる多重債務者への貸付を制限している状態にあります。

つまり、3件4件、あるいは5件の借り入れがある人に対しての貸付に対して消極的な状態にあるのです。

銀行のカードローンは、申込をしたところで審査落ちとなる可能性が高いと考えられますので、他社の借り入れがある場合には、消費者金融を利用するのがベストでしょう。

専業主婦で借り入れするなら銀行カードローン

総量規制超えのキャッシングをするなら消費者金融ですが、専業主婦は消費者金融で金融サービスを受けることができません。

専業主婦がカードローンを利用する場合は、銀行のカードローンで申し込みをする必要があります。

では、なぜ専業主婦は消費者金融のカードローンを利用することができないのでしょうか。

実はこれにも総量規制が関係しており、総量規制の制限により消費者金融は「年収3分の1まで=0円まで」となるため、自身に所得がない専業主婦は融資を受けることができないのです。

しかし、総量規制の対象から外れる銀行カードローンであれば0円以上の借り入れがおこなえるので、専業主婦でも融資を受けることができます。

正確には、配偶者に安定した収入があり返済能力があると判断されれば、専業主婦の人でも銀行のカードローンを利用して、キャッシングをおこなうことが可能です。

総量規制の例外と除外について

冒頭でも説明がありますが、すべての借り入れが総量規制の対象になるわけではありません。

総量規制には、総量規制に含まれるものと、含まれないもの、その他にも例外と除外になるものがあります。

総量規制に含まれないものには、銀行のカードローンが該当するということを理解してもらえたと思いますが、例外と除外についても押さえておくと総量規制の算出がしやすくなります。

総量規制の対象になるもの

  • 消費者金融のキャッシング
  • クレジットカードによる現金化

主に個人向け貸付に対するものが総量規制に該当します。

ここで間違えられやすいのが、クレジットカードの現金化は貸付にあたるので総量規制に含まれますが、クレジットカードのリボ払いは貸付ではなく、分割払いにあたるため総量規制に含まれないということです。

そもそもこれらは適応される法律に違いがあり、クレジットカードの現金化は消費者金融と同じく貸金業法にあたりますが、分割払いにおいては割賦販売法にあたるのです。

総量規制の対象外になるもの

  • クレジットカードのリボ払い
  • 銀行カードローン
  • 郵便局
  • 信用金庫
  • 農業共同組合

銀行や郵便局、信用金庫などの借入金は、貸金業法ではなく銀行法という法律が適応されるため総量規制に含まれず、対象から外れます。

総量規制の例外と除外になるもの

  • 自動車ローン
  • 医療ローン
  • おまとめローン
  • 教育ローン
  • 住宅ローン
  • 不動産売却にかかる借り入れ(借り換えローン・つなぎ融資など)
  • 事業にかかる借入金(新規事業資金・つなぎ融資・事業資金)

自動車や住宅などのローンは、個人向け貸付に含まれますが、これらは総量規制の例外と除外に該当して総量規制に含まれません。

総量規制の計算方法

では、何が総量規制の対象になるのかどうかを具体的に把握していきましょう。

モデルケース  年収450万円の場合

借入額 総量規制
自動車ローン 100万円 除外
クレジットカードのリボ払い 20万円 対象外
消費者金融(A社) 50万円 対象
消費者金融(B社) 50万円 対象

あと 50万キャッシングできる

自動車ローンとクレジットカードのリボ払いは、総量規制の除外と対象外に該当するので総量規制に含まれず、消費者金融でのキャッシングのみ総量規制の対象に含まれます。

モデルケース   年収450万円の場合

借入額 総量規制
住宅ローン 2,000万円 除外
銀行カードローン 60万円 対象外
消費者金融(A社) 50万円 対象
消費者金融(B社) 50万円 対象

すでに 総量規制オーバーの状態にある

すでに総量規制オーバーの状態にある場合

すでに総量規制オーバーの状態にある場合は、通常の消費者金融のキャッシングサービスが受けられません。

この場合において消費者金融で総量規制超えのキャッシングをするなら、証書貸付により総量規制の例外として借入することができます。

他社で借り入れがあっても借りれるカードローンは?

既に借金額が年収の3分の1を超えているようなら、消費者金融のアイフルでキャッシングをすることをおすすめします。

消費者金融のアイフルは、他社で借り入れがあっても前向きに融資を検討してもらえるだけでなく、すでに融資額が年収3分の1を超えている場合でも最大800万円までの借り入れに対応してもらえます。

アイフル

消費者金融のアイフルは、通常のweb申込後に「貸金業法に基づく年収3分の1を超える融資を受けたい」という旨を伝えると、そちらについての詳しい案内をしてもらえます。

消費者金融で総量規制超えのキャッシングをするには、アイフルより良い条件のところは難しいでしょう。

他社からの借金があっても審査に通るのか?

他社からの借金は審査のときに判断基準のひとつとされますが、金融業者はあなた(利用者)に貸しても返せる余地があるなら他社借り入れがあっても積極的にお金を貸したいと考えます。

金融業者は、お金を貸した手数料(利息)から儲けを出しているのですから、借り入れが有ろうが無かろうが、回収できる見込みがあるなら「まだ貸せる」という判断をするからです。

借り入れ多くても、いくらまでなら借りれる?

他社から借金がある状況で借りられる金額は、年収の2分の1から年収の3分の1までが上限とされています。

たとえば年収350万円なら、約115万円〜175万円のお金が借りられると考察されます。

年収 借入限度額の上限 件数
150万円 約50〜75万円 1〜4件まで
200万円 約66〜100万円 1〜4件まで
300万円 約100〜150万円 1〜4件まで
350万円 約115〜175万円 1〜4件まで
400万円 約133〜200万円 1〜4件まで
500万円 約166〜250万円 1〜4件まで

上述の表は、あくまで目安であって信用力に問題があると借りられなくなりますので、その点のみ理解しておいてください。

年収を多く見せても、5件以上の借り入れは難しい

カードローン5件以上の借り入れは多重債務者扱いになり、それ以上の借り入れが難しい状況にあるといえます。

カードローンの利用件数が多いと新たな借金を作れませんが、おまとめローンで借金を1本化して借り換えることは可能です。

消費者金融のおまとめローンなら5件目でもOK

消費者金融のおまとめローンなら、5件目の借り入れが可能なだけでなく、借入金を1本化することができます。

基本的に消費者金融は、年収の3分の1を超えた借り入れができませんが、総量規制の例外貸付により年収の3分の1以上の借り入れが可能になります。

他社借入5件目には、消費者金融のおまとめローンの利用を検討されてはいかがでしょうか。

延滞者やブラックリスト扱いの人は審査に通らない

先ほど他社からの借り入れがあっても新たな借金が作れるといいましたが、延滞者やブラックリスト扱いの人ではないことが前提条件とされます。

個人信用情報の照会をした際に、滞納や自己破産等の情報があると一次審査で落ちてしまい、お金が借りられなくなります。

自主規制で総量規制以上借りれなくなった銀行カードローン

2018年1月以降、銀行のカードローンは自主規制を発表し、総量規制以上の融資を廃止しました。

今もなお、銀行カードローンは総量規制の対象外ではありますが、物理的に年収の3分の1以上の融資が受けられなくなっています。

銀行に直接問い合わせてみたところ、「審査情報はお伝えできません」の一点張りで詳しい回答は得られませんでした。

しかし、各銀行の広告から「総量規制対象外」という表記がすべて削除されており、総量規制以上の融資が期待できない印象があります。

これまで総量規制以上の融資をしたいなら対象外の銀行カードローンといわれていましたが、選択肢は消費者金融の一択になっているのが現状です。

既に他社借入があると、銀行カードローンの審査に通りません。

2件目以上の借り入れには、総量規制以上を借りれる消費者金融のカードローンを利用するといいでしょう。