審査時間 最短翌日
実質年率 4.0%〜14.5%
借入限度額 10~800万円
  • 土日祝日でも審査をおこなっている
  • 21:00まで融資対応してもらえる
  • 口座がなくても振り込みサービスが受けられる
  • 郵送物なしでローン契約がおこなえるから家族にバレない

三井住友銀行カードローンは審査スピードが速いです。融資までの対応力の高さは、銀行カードローンの中でもトップクラスでしょう。消費者金融との提携がスピード融資へのアシストとなっています。

※三井住友銀行カードローンの審査は保証会社となっている「SMBCコンシューマーファイナンス」がおこなっているため、平日に限らず土日祝日も審査をに対応しているうえ、消費者金融におとらない審査スピードを可能にしています。

三井住友銀行カードローンで借り入れする方法

21:00までの契約完了が絶対条件

三井住友銀行の口座がある場合は、21:00まで振込融資に対応してもらえます。この時間を過ぎてしまうと審査が翌日に持ち越しになります。

なお申込みは24時間おこなえるため、夜中に申込みをしておくと朝一で審査をおこなってもらえます。土日祝日でも審査がおこなわれて手続きが完了するので、早ければ翌朝10:00には融資が受けられます。

口座の有無

三井住友銀行カードローンは「口座あり」「口座なし」で、契約方法が変わってきますので自分の条件にあった方法をご覧ください。

  • 口座あり→ 21:00まで振込融資が可能
  • 口座なし→平日15:00まで振込融資が可能
  • 口座なし→平日15:00以降・土日祝日はWEB申込み後に自動契約機へ

口座あり→ 21:00まで振込融資が可能

三井住友銀行カードローンは、三井住友銀行の普通預金口座を保有していると最小限の手続きで振込融資が受けられます。

三井住友銀行カードローンの口座を持っていると、身分証明書の提出が必要ないだけでなく、手持ちのキャッシュカードにそのままローン機能をプラスすることができるのでローンカードが自宅に送られてくることもありません。

つまり、これは郵送物なしで融資が受けられるだけでなく、スマホ完結がおこなえることにもなります。

三井住友銀行の口座を持っているメリット

  • 身分証明書なしでお金が借りられる
  • 郵送物が自宅に送られてこない
  • 土日祝日でも21:00まで融資に対応してもらえる

口座を持っている場合は、「SMBCダイレクト」というインターネットバンキングを経由してカードローンの契約をおこなっていきます。インターネットバンキングへの登録がされていない場合においては登録をおこなうことで、振込融資が受けられるようになります。

なお、インターネットバンキングへの登録は5分ほどで完了しますので、まだ登録していない場合でも、登録をおこなうことで振込融資に対応してもらえるようになります。

口座なし→平日15:00まで振込融資が可能

口座なしの場合は、15:00までの契約完了で振込融資に対応してもらえます。

振り込みキャッシングがおこなえるのは15:00までになりますので、この時間までに申込みから書類提出、審査までのすべてのプロセスを完了させる必要があります。これをクリアすれば指定した口座に融資金を振り込んでもらえます。

ただし口座なしで振り込みキャッシングサービスを受けると後日、キャッシュカードや契約書類などの郵送物が自宅に送られてきます。郵送物なしでキャッシングをおこないたい場合は、自動契約機へ郵送物を受け取りにいきましょう。

口座なし→平日15:00以降・土日祝日はWEB申込み後に自動契約機へ

平日15:00以降と土日祝日は、振り込みサービスが受けられないのでWEB申込みを済ませたあとで自動契約機へいき、カードローン専用のローンカードを発行しなければなりません。

残念ながら口座ありの場合のようにスマホ完結はおこなえませんが、郵送物が送られてこないメリットは得られます。契約書類やカードなどを自動契約機で受け取ることができるので、家族にばれることなく振込みキャッシングがおこなえます。

15:00以降の振込融資にはSMBCダイレクトへの登録が必須

先ほど三井住友銀行カードローンは、口座を保有していると21:00まで振込融資に対応してもらえるといいましたが、これにはインターネットバンキング(SMBCダイレクト)への登録が必須になります。

SMBCダイレクトへの登録がない場合においては、15時以降の振込融資に対応してもらえませんので、ご注意ください。

ただ、三井住友銀行の口座保有していれば、5分ほどでSMBCダイレクトへの登録がおこなえます。ぜひ、チャレンジしてみてください。

審査時間は最短翌日〜最大1週間!三井住友銀行カードローンは当日融資不可

審査時間は、最短翌日から最大1週間になりますので、三井住友銀行カードローンは当日融資不可となります。

三井住友銀行を含む銀行カードローンは、2018年1月に即日融資を廃止しました。

即日融資の取りやめは、暴力団員ら反社会的勢力との取引排除を強化するための目的で、借りての情報を警察庁に照合する仕組みを導入したことで、融資審査に数日かかるようになったからです。

現在、銀行カードローンは即日借り入れができませんが、三井住友銀行カードローンは、スムーズに審査が進めば最短翌日で審査結果がわかるようになっています。

三井住友銀行カードローンをおすすめする理由

土日祝日でも審査をおこなっている

三井住友銀行カードローンはSMBCコンシューマーファイナンスに保証業務を委託しているため、土日祝日でも審査をおこなっています。そのため銀行カードローンながら土日祝日の融資対応が実現しています。

21:00まで融資対応してもらえる

銀行カードローンの中で21:00を超えて、振込みキャッシングがおこなえるところはありません。ということは三井住友銀行カードローンがもっとも遅くまで融資に対応してもらえるということにもなります。

同じく三代メガバンクの三菱東京UFJ銀行のカードローンバンクイックは20:00までとなり、銀行カードローンの中では長く融資に対応してもらえるほうですが、それでも三井住友銀行のほうが勝っているといえます。

みずほ銀行に限っては、審査結果が分かるまでに2週間程度かかりますので、融資までのスピードが期待されません。とはいえ、みずほ銀行がほかのメガバンクよりも決しておとっているというわけではありません。みずほ銀行には三井住友とは違ったウリがあるからです。

それぞれの銀行カードローンに違ったウリがあるように、三井住友銀行カードローンにもウリがあります。三井住友銀行カードローンのウリ、それこそが融資への対応力になるのです。どこよりも融資に積極的な三井住友銀行カードローンなら、間違いなく選んで後悔はありません。

口座がなくても振り込みサービスが受けられる

銀行カードローンは契約先の銀行口座がないと振込融資に対応してもらえないケースが多いです。しかし三井住友銀行カードローンは他社の銀行口座への振り込みサービスもおこなっているので口座がなくても振込融資が受けられます。

じつはこのような他社への振り込みサービスを実現させている銀行カードローンは三井住友銀行カードローンの他にも多くあるのですが、そのほとんどがカードローン契約と同時に口座開設がおこなわれて後日、新しい口座が自宅に届きます。

つまり、三井住友銀行カードローンは口座がなくても振込融資に対応してもらえるだけでなく、口座開設の必要もないカードローンなのです。自社の口座保有率を上げようという、銀行目線の考えではないところに非常に好感が持てますよね。これはメガバンクだからこその余裕の表れなのでしょうか。

郵送物なしでローン契約がおこなえるから、家族にバレない

カードローンの利用が家族にバレてしまうシチュエーションだけは避けたいところですよね。なるべく家族には心配かけたくない、でもどうしてもお金が必要。そんなときに三井住友銀行カードローンならその要望にしっかり答えてもらえます。口座がある場合はもちろん、口座がなくても自動契約機で郵送物を受け取ることができるので、郵送物なしで融資が受けられます。

また銀行カードローンは所在確認のために3ヶ月に1回ほどハガキが送られてくるケースが多いのですが、三井住友銀行カードローンならこのように利用中に郵送物が届くこともありません。とはいえ、返済が遅れると催促ハガキが自宅に届くことがあるので、家族にカードローンの利用を隠し通したい場合はその点のみ気をつけてください。

三井住友銀行は年末年始でも振込み融資が受けられる?

三井住友銀行に限らず年末年始は、銀行の窓口が休業されますので振込融資には対応してもらえません。

ただ、三井住友銀行の審査を担っている保証会社は、土日や祝日だけでなく年末年始もおこなっており、1年中借り入れ審査には対応してもらえます。

ちなみに、2017年三井住友銀行は「12月31日〜1月3日」が営業をしてなかったため、2018年度は恐らく「12月30日(土曜日)から1月3日(水曜日)」が年末年始で営業していないと考えられます。

年末年始の営業の案内が出次第、正確な情報を更新していきます。

三井住友銀行カードローンはSMBCダイレクトの登録で振込融資が可能

三井住友銀行カードローンは、インターネットバンキング(SMBCダイレクト)の登録がされていると振込融資に対応してもらえます。

まだSMBCダイレクトへの登録がない場合においても、5分もあればインターネットバンキングへの登録がおこなえますので、とても簡単におこなえます。

ただしSMBCダイレクトへの登録は、すでに三井住友銀行の口座がないとおこなえないため、口座がない場合においては振込融資が受けられなくなります。

三井住友銀行カードローンとプロミスの違いってなに?

三井住友銀行カードローンが保証業務をプロミスに委託していることから、三井住友銀行とプロミスを同列に考える人がよくいます。正確には三井住友銀行の傘下にプロミスが入ったことになりますので、同列ではなくプロミスはほぼ100%三井住友銀行に実権を握られていることになります。

つまり、三井住友銀行の中にプロミスという部署があると考えると分かりやすいのではないでしょうか。

では、なぜプロミスは三井住友銀行の傘下に入ることになったのでしょうか。それは以前、問題になったグレーゾーン金利が関係しています。グレーゾーン金利とは法律の矛盾点をついてプロミスなどの消費者金融やクレジットカード会社などが、債務者から超過金利を得ていたことをいいます。

本来なら金利の上限は20パーセントになるところが、グレーゾーン金利では29.2パーセントが上限とされていました。これが問題視され国はこの法律の矛盾点を新たに改善し、消費者金融に対して不当に得ていた超過部分の金額の返済を求めました。

一般的にはこのような超過部分の金額のことを過払い金といいます。今でもCMなどで過払い金の返済という言葉をよく耳にしますよね。それはこのようなグレーゾーン金利が背景にあるのです。

中には過払い金の返済が2兆4,000億円にものぼる消費者金融もあったほど、消費者金融側は莫大な金額の返済を求められました。同じくプロミスもこのグレーゾーン金利のあおりを受けたため、資金を多くもつ三井住友銀行ファイナンシャルグループの傘下に入り会社の存続を保ちました。

また同時に三井住友銀行もプロミスが傘下に加わったことで、銀行カードローンながら「消費者金融の強み=審査のスピード」を得ました。このような戦略的な合併があったからこそ、三井住友銀行カードローンは銀行カードローンながら消費者金融に匹敵するほどの対応力があるのです。