「カードローンの審査に通過するのだろうか」

はじめてカードローンを利用する人、2社目のキャッシングの人、あるいは審査に通過しなかった人など。誰でもキャッシングの審査内容は気になるものです。

カードローンの審査では主に「返済能力の有無」が見られます。とはいえ、こう聞いただけではピンと来ませんよね。

では、具体的にカードローンの審査ではどのようなことが見られるのか説明していきましょう。

カードローンの審査で重視されるポイント

カードローン会社は申込を受けると、その申込者の個人情報を開示します。この個人情報には、過去のローン記録から、現在の借入額までがすべて記載されています。ここでその人の与信(信用性)が確認されますので、申込情報は正確に記入することが重要です。

その他にも次のようなことがみられます。あらかじめ審査ポイントをチェックした上でカードローン審査を受けることで、審査通過率が上がるかもしれません。

勤続年数が長いほうが審査に有利

勤続年数は、長ければ長いほど審査に有利になります。勤続年数が短いと、キャッシングをしてすぐに仕事を辞めてしまうのではないかと思われてしまうからです。

とくに銀行カードローンは前年度の年収を元に融資額を決定していきますので、1年は勤務してからキャッシング審査を受けるのが適切です。銀行カードローンよりも消費者金融のほうが審査通過率が高いので、勤続後1年も満たない場合は、消費者金融を選択するのがベストです。

とはいえ消費者金融でキャッシングをする場合でも、少なからず3ヶ月〜半年は勤務してから審査を受けたほうがいいでしょう。

借入金があってもキャッシングは受けられる

住宅ローンや自動車ローン、カードローンなどの総借入額なども審査のときにみられます。

しかし他社からの借入があるからといって、審査に不利になることはありません。追加で融資をしても十分に返済していける能力があれば、キャッシング審査に通過します。気をつけなければいけないのが、少しでも審査の印象を良くしようと虚偽の申告をすることです。

虚偽の申告とは、申し込み情報を偽ることをいいます。このような小細工はすぐにばれてしまい、即審査落ちになるので絶対におこなわないようにしましょう。

年収は借入額を決めるときの判断材料

年収が少ないとカードローン審査に不利になるのでは、とおもう人が多いようです。しかしカードローンは、パートやアルバイト、専業主婦などの雇用形態でも審査に通過しています。

ようするに収入が少ないからといって、審査に落とされるわけではないのです。とはいえ、収入が少ないと、やはり借入できる金額もそのぶん小さくなります。

そのため希望額を記入するときに、借入したい金額ではなく、返済できる金額を記入するようにしましょう。そうすると審査のときの印象がぐっと良くなりますよ。

在籍確認は審査の重要なプロセス

在籍確認は審査の重要なプロセスのひとつです。在籍確認とは、申込者が申告した勤務先に実際に勤めているかどうかを確認するための電話連絡のことです。

意外とこの在籍確認が原因で審査に落ちてしまう人が多いため、勤めている連絡先を記入するときに、電話が繋がりやすい番号を記入することが重要になります。

たとえば会社の電話番号を記入するのではなく、配属先の部署の連絡先を記入するなど。そうするとキャッシング会社からの電話がかかってきたときに、その人が勤めているかを確認しやすいのではないでしょうか。このようにちょっとした工夫をするだけで、審査に通過しやすくなります。

居住形態はあまり審査に影響しない

持ち家があるほうが審査に有利とおもう人が多いようですが、決してそんなことはありません。たとえ持ち家があったとしても住宅ローンが残っているなら、賃貸に住んでいるのと差異はないとおもわれるからです。

居住形態はあくまで機械のスコアリング審査のときに、申込者の特性を知る判断材料のひとつになるため、そこまで審査に大きく影響を及ぼすものではありません。

年齢は20歳を超えていること

キャッシングは、20歳を超えていないとおこなえません。法律によって婚姻していれば未成年でも成人として認められるケースがありますが、カードローンにおいてはこれが適応されずに例外として認められないのです。年齢を満たしていない人は、残念ながら融資を受けることができません。

もちろん上限年齢も定められています。上限年齢は60歳〜70歳までとなるケースが多く、こちらはカードローン会社によって異なりますので、年齢制限をしっかり確認した上で申し込みをおこないましょう。

銀行カードローンは自主規制の影響で審査が厳しくなった

銀行の画像

銀行カードローンは、審査厳格化の影響から、以前まで審査に通っていたような人でも融資が受けられなくなっています。

とくに多重債務者に対する抑制策を強化しており、既に2件・3件借りているような人は借り入れが難しい状態にあります。

では、なぜ銀行カードローンは審査が厳しくなったのでしょうか。

以前、銀行のカードローンが無職者に対して300万円近くの貸付けをおこなっていたことが社会的な問題となりました。

そこから矢継ぎ早に問題が発覚し、金融庁から多重債務者や自己破産者を量産させていた背景に銀行カードローンがあるとの指摘を受けました。

これを重く受け止めた銀行カードローンは自主的に審査強化をおこない、収入証明書の提出額を300万円から50万円に引き下げる、貸付額を年収の2分の1以内から年収の3分の1以内に減額するなどの対策を講じているのが現状です。

他社借入がある場合は、銀行カードローンの融資が望めませんので、自主規制の影響を受けていない大手消費者金融のカードローンの利用をおすすめします。

審査に通過しやすい消費者金融のカードローンはどこ?

審査が甘いカードローンはありません。ほとんどのカードローンは、審査がおこなわれた上で借入可能かどうかの判断が下されます。

とはいえ、審査に通過しやすいカードローン会社を調べる手段はあります。大手の消費者金融や銀行カードローンでは、月ごとの審査通過率を公表しているからです。

審査にあまり自信のない人は、審査通過率がもっとも高い金融機関でキャッシングをするのがベストではないでしょうか。

大手消費者金融の審査通過率を比較

審査通過率 平均値
アコム 44.8%〜50.2% 47.5%
アイフル 45.9%〜47.5% 46.7%
SMBCモビット 42.4%〜44.0% 43.2%
プロミス 42.4%〜44.0% 43.2%

※上記は2016年度の審査通過率になります。

審査通過率は月ごとによって大きく変わっており、中には10%近く通過率に差がでることがあります。そのため審査通過率は、あくまで目安であることを理解しておきましょう。

審査通過率の平均値を算出するとアコムがもっとも高い数値になりますが、安定的に通過率が高いのはアイフルになります。
結局、審査に通過しやすいのはどこ?

では、アイフルとアコムのどちらがより審査に通過しやすいのでしょうか。

少し専門的な話になりますが、アイフルは信用情報機関がひとつだけになりますが、アコムはふたつの情報機関を利用しています。これは、アイフルよりもアコムのほうが審査を厳密におこなっているということになります。

信用情報機関とは、個人情報が登録されている機関のことをいい、この個人情報を元に審査がおこなわれます。個人情報を念入りに調べ上げているということは、少しでもブラック情報が残っていると審査に影響する場合が考えられます。

カードローンの延滞や債務整理などのブラック情報が一切なく、キレイなままの人であればアコムでも良いと思いますが、こういった経歴を持っている人はより厳密に個人情報を調べられたらマイナスになるかもしれません。

キャッシングの利用がはじめての人ならアコム、過去に金融事故歴のある人ならアイフルを利用するのがいいのではないでしょうか。