オリックス銀行カードローンのイメージ画像

オリックス銀行のような、ネットバンク系のカードローンについて調べていると…。

審査についての見解が、「緩い・厳しい」と真っ二つに分かれていることが多いです。

結論から言いますと、大手消費者金融とくらべて、オリックス銀行カードローンの審査は難しくなります。

しかしオリックス銀行カードローンは、パート・アルバイトでも借りられるほどですから、審査基準のハードルはそこまで高くありません。

毎朝しっかり起きて、仕事に行っている人であれば審査通過が見込めます。

この記事では、オリックス銀行カードローンの「審査に通る人」「落ちる人」の特徴を主に解説しています。

オリックス銀行カードローンの審査に通るための最低条件

オリックス銀行カードローンの審査に通過するためには、下記の条件を満たしている必要があります。

お申し込み時の年齢が満20歳以上69歳未満の方
原則、毎月安定した収入のある方
日本国内にご在住の方(外国籍の方は、永住者または特別永住者の方)
オリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社の保証が受けられる方

銀行なので審査が難しそうなイメージがあるかと思いますが、意外と誰にでも当てはまるような条件になっています。

もっと掘り下げると、オリックス銀行カードローンの審査に通る人・落ちる人の特徴が見えてきます。

オリックス銀行カードローンの審査に通る人

パート・アルバイトでもOK

オリックス銀行カードローンは、パート・アルバイトでも審査通過が見込めます。

次のように、公式サイトにも明記されています。

パート・アルバイトの方もお申し込みいただけます。
※毎月安定した収入があることが条件です。

では、一体どのくらいの収入があれば審査に通過するのでしょうか。

累計年収が30万円以上ある

オリックス銀行カードローンは、10万円単位の貸付けに対応しており、最低10万円から借りられます。

現在、審査厳格化の影響から年収の3分の1以上の貸付けをしていませんから、物理的に年収30万円以上の稼ぎがあれば審査に通過することになります。

年収30万というと、月に換算すれば月額2.5万円以上の稼ぎがあれば融資を受けられます。

時給900円と考えた場合、月に28時間以上働いていればオーケーです。

銀行と聞くと、審査が難しそうなイメージがありますが、収入が少なくても利用できるカードローンであることが分かります。

年金受給者でも借りれる

オリックス銀行カードローンは、年金受給者への貸付けに対応しています。

サラリーマンを引退して、現在は働いていなくても融資が受けられます。

ただし、年齢は69歳未満まで。

年齢が68歳11ヶ月までの利用であれば、可能になります。

オリックス銀行カードローンの審査に通らない人

学生および専業主婦

オリックス銀行カードローンは、学生および専業主婦への貸付けをおこなっていません。

以前まで、専業主婦への貸付けに対応していたのですが、銀行の自主規制をきっかけにこれを取りやめています。

専業主婦ないし学生で申し込みをした場合、審査通過せずにお金が借りられませんので、ご注意ください。

オリックス銀行カードローンの審査に通った人の口コミ

オリックス銀行カードローンで可決した!」という方の口コミをまとめてみました。

  • おまとめ目的で100万円を希望したが、50万円の可決だった
  • 審査に時間がかからなかった
  • 急遽お金が必要で、すぐに借りられたので助かった

おまとめ目的で借りると、やや借入枠が小さくなる傾向にありますが、他社借り入れがあっても審査に通る可能性があります。

「審査に時間がかからない」という意見が圧倒的に多く、そこまで待たずに借りられている模様です。

では、どのくらい審査に時間がかかるのでしょうか。

オリックス銀行の審査時間はどのくらい?融資までの期間を調べてみた

オリ銀の審査時間の目安

審査時間 2〜3営業日程度
融資までの時間 1週間程度

オリックス銀行に問い合わせても、明確な審査時間を教えてもらえません。

それどころか、大体の審査時間の目安まで教えてくれないという徹底ぶりです。

しかしオリコン顧客満足度ランキングの銀行カードローン 審査対応部門で第4位を獲得しているため、審査スピードの満足度は非常に高くなっています。

ランクインしているカードローンのうち、明確な情報がわかるカードローンのみをピックアップして、オリックス銀行カードローンの審査時間を考察してみました。

審査時間を他社と比較

ランク 金融機関名 審査時間 融資までの期間
1位 じぶん銀行カードローン 最短翌日 最短翌日
2位 スルガ銀行カードローン 最短翌日 最短翌日
3位 三菱UFJ銀行カードローン 最短翌日 最短翌日〜3営業日程度
4位 オリックス銀行カードローン 2〜3営業日程度 1週間程度
5位 福岡銀行カードローン 5日〜7日程度 1週間〜10日程度
6位 三井住友銀行カードローン 最大1週間 最大1週間
7位 楽天銀行スーパーローン 2〜3営業日程度 1週間程度

オリックス銀行は、三菱UFJ銀行と比べて審査時間は遅くなります。

しかし同ネット銀行の楽天スーパーローンよりも、審査スピードが速くなると考察されます。

いずれの銀行も、土・日・祝の審査はおこなっていませんので、間に挟むと融資までの期間が長伸します。

土・日・祝は審査をしていません

オリックス銀行カードローンは、土・日・祝は審査をおこなっていません。

公式サイトにも、次のように明記されています。

速やかな審査に努めてまいりますが、土、日、祝日が間に入る場合やお申し込みの状況によってはお時間がかかる場合もございます。

3連休を間に挟んだ場合は、連休明けから審査が再開されます。

オリックス銀行のみならず、全銀行カードローンが警察庁へのデータ照会により、土日祝日の審査を取りやめている状況にあります。

簡単にいうと、土日祝日は警察庁のデータ照会結果が返ってこないからです。

2018年1月より導入された制度になりますので、それ以降は土日祝日に審査回答が出せなくなっています。

オリックス銀行カードローンの審査難易度を他社と比較してみた

オリックス銀行カードローンの審査難易度のイメージ画像

オリックス銀行カードローンは、保証会社が2つあり、他社のカードローンと比べて審査に有利といえます。

保証会社で比較

金融機関名 保証会社
オリックス銀行カードローン オリックス・クレジット(株)、新生フィナンシャル(株)
イオン銀行カードローン イオンクレジットサービス(株)、オリックス・クレジット(株)
セブン銀行カードローン アコム株式会社
ジャパンネット銀行カードローン SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
ソニー銀行カードローン アコム株式会社
じぶん銀行カードローン アコム(株)
三井住友銀行カードローン SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
みずほ銀行カードローン (株)オリエントコーポレーション
三菱UFJ銀行カードローン アコム(株)

保証会社が2つあるというのは、いわば滑り止めがあるようなものです。

ふたつのうち、どちらかの保証が受けられれば可決するわけですから、一般的なカードローンとくらべて、オリックス銀行およびイオン銀行は審査に通りやすいといえます。

とくにオリックス銀行が提携している「新生フィナンシャル」は、金利こそ高いものの、審査に優しい印象があります。

新生フィナンシャルが滑り止めになるオリックス銀行カードローンは、イオン銀行とくらべて審査通過の可能性が高いといえます。

オリックス銀行の申し込みから借り入れまでの流れ

オリックス銀行カードローンの申し込みから借り入れまでの流れは、下記のとおりです。

  1. 申し込み
  2. 仮審査の結果がメールで届く
  3. ローン審査開始
  4. 勤務先への在籍確認
  5. ローンカード発行
  6. 必要書類の提出
  7. ローンカード到着後、お金を借りられる

お金を借りられるようになるのは、ローンカードが到着した後です。

申し込みから借り入れまで、おおよそ1週間程度をみておくといいでしょう。

手元にカードが到着次第、利用限度額内の借り入れが可能になります。

振込融資はカード到着後から可能

オリックス銀行カードローンは、指定先の口座に利用限度額内のお金を振り込んでもらうことも可能です。

念のために、オリックス銀行のチャットサービスでも問い合わせたところ、次のような返答がありました。

大変申し訳ありませんが、ご利用はカードをお受け取りいただいてからとなります。

カード到着後から融資を受けられるようになるため、残念ながら可決してすぐに借り入れはできません。

在籍確認の電話連絡はある?ない?

上述の流れでもあるように、在籍確認の電話連絡は必ずおこなわれます。

勤務先と電話連絡を取るのが難しい場合でも、まずは保証会社が勤務先へ連絡をしてみて、ダメだったら別の策を講じるとのことです。

在籍確認の電話連絡はありますが、保証会社の担当者名で連絡がおこなわれるため、オリックス銀行からの電話だとバレないようになっています。

もちろん、自ら電話連絡に出ても問題ありませんので、連絡が取りやすい時間帯や電話番号を指定することも可能です。

必要書類をスムーズに提出しよう

審査のときに提出する書類は、あらかじめ決まっています。

保証会社から「今日中に書類を提出して欲しい!」と、言われることは多々あります。

必要書類をあらかじめ用意しておくと審査が円滑にすすめられて、融資までのスピードも早まります。

本人確認書類(いずれか1点)
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 個人番号カード
  • パスポート
  • 在留カードまたは特別永住者証明書
所得証明書類(いずれか1点)
  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 納税証明書
  • 確定申告書

限度額50万円を超える場合、もしくは保証会社が必要だと判断すると収入証明書の提出も合わせて必要になります。

とくに収入証明書は、パッと探し出せないことが多いため、あらかじめ用意しておくとスムーズです。

貸付金利の早見表

金利は、年1.7%〜17.8%のうちから、利用限度額に応じて決定されます。

コース 利用限度額 貸付金利
800万円コース 700万円超〜800万円以下 1.7%〜4.8%
700万円コース 600万円超〜700万円以下
600万円コース 500万円超〜600万円以下 3.5%〜5.8%
500万円コース 400万円超〜500万円以下
400万円コース 300万円超〜400万円以下 4.5%〜8.8%
300万円コース 200万円超〜300万円以下
200万円コース 150万円超〜200万円以下 5.0%〜12.8%
150万円コース 100万円超〜150万円以下
100万円コース 100万円 6.0%〜14.8%
100万円未満コース 100万円未満 12.0%〜17.8%

一概にはいえませんが、金利は保証会社によって変わることが多いです。

保証会社が「オリックス・クレジット」だった場合は、金利が小さくなります。

もう一方の「新生フィナンシャル」の場合は、金利が大きくなります。

オリックス・クレジット 新生フィナンシャル
金利が小さくなる 金利が大きくなる

新生フィナンシャルが保証会社ですと、金利は高くなりますが、そのぶん審査に通りやすくなるメリットがあります。

オリックス銀行は、保証会社が2つあるため信用力が高い人にも、低い人にも対応できるマルチなカードローンといえるでしょう。

オリックス銀行で審査通過するためのコツ

1.年収に見合った限度額を申請する

年収に見合った借入希望額を申請するのが得策です。

借入額を多く記入しても、審査に落ちることはありませんが、減枠される可能性はあります。

なぜなら、自己管理ができない人と思われてしまい、多重債務者に陥るリスクが想定されるからです。

保証会社は、過去のビックデータを用いて審査の可否を決定します。

当然ながら、借入額を多く申告する人の統計データも残っており、そういった人の傾向をすべて数値化して「いくら貸すか!」のジャッジを下します。

親が子供に必要以上のお小遣いを持たせないように、自己管理が苦手な人への貸付けには消極的になることが多いです。

必要額以上を借りたい場合は、増額によって少しずつ限度額をアップさせるのが良いでしょう。

2.前回のローン申し込みからスパンを空ける

前回のローン申込みから少なくとも1ヶ月、長くて6ヶ月以上の期間を空けるのがベストです。

直近で、カードローンやクレジットカードの申込みをしていませんか。

ローンやクレカの申込みスパンが短いと、信用力に問題がなくても、審査に落とされる傾向にあります。

なぜなら、短期間に複数のローンへ申し込みするだけで、自己破産の可能性があると判断されるからです。これを申し込みブラックといいます。

別のカードローンの話になりますが、管理人も過去に2ヶ月間内で2つのカードローンに申し込みをしたら、仮審査で落ちました。

それまでローンの返済が、一度も滞っていないにも関わらずです。

管理人のように、短期間に複数社へ申し込みをして審査落ちしている人をよく見かけます。

「絶対に審査に通りたい!」そんな強い思いがあるのなら、なおのこと焦らずゆっくり審査通過の時期を見極めるといいでしょう。

3.おまとめローンは総量規制以内まで

オリックス銀行カードローンは、おまとめ・借り替えとして利用できますが、限度額は総量規制以内になる可能性が高いです。

現在、銀行カードローンは審査厳格化の影響で、以前と比べて貸付額を小さくしています。

全銀行の準会員にあたるオリックス銀行カードローンが、総量規制までの貸付けに制限しているかどうか定かではありません。

しかし多くの銀行カードローンが、貸付額を年収の2分の1から年収の3分の1までに引き下げていますので、総量規制以上の貸付けに消極的な印象です。

総量規制以上の借り入れがあるときは、総量規制まで返済を続けてからオリックス銀行でおまとめローンの審査を受けるのが確実だと思われます。

オリックス銀行カードローンの貸付条件
利用条件 ・原則、毎月安定した収入のある方
・申込時の年齢が満20歳以上69歳未満の方
・日本国内にご在住の方
(外国籍の方は、永住者または特別永住者の方)
利用限度額 最高800万円(10万円単位の借入)
金利 年1.7%〜17.8%
遅延損害金 借入金利+2.1%
保証会社 ・オリックス・クレジット株式会社
・新生フィナンシャル株式会社
口座開設 不要
口座開設 前日17時まで
担保・保証人 不要
最低返済額 7,000円〜
返済日 毎月10日・月末日
(いずれか好きなほうを選択)

※事業性資金としては利用できません。