カードローンやキャッシングで、自動契約機の手続きやweb申し込みをするときは、事前に必要書類を準備しておいて確実に無駄なく融資をしてもらいましょう。

融資のための必要書類には、本人確認のための書類と、収入証明書など、債務者が返済能力があり社会的にも信頼できる人かどうかを見極めるための書類が必要となります。

あらかじめ必要書類を用意しておくと、審査がスムーズにすすんで即日借り入れがしやすくなるメリットがあります。

カードローンの審査で必要になる書類は?

消費者金融や銀行のカードローンは、審査のときに身分証明書の提出を必ず求められます。

必要に応じて収入証明書の提出を求められる場合もあり、提出することで信用力がアップして金額の多い借り入れが期待できるようになります。

本人確認書類(身分証明書)の用意は絶対必要

  • 運転免許書
  • 住民基本台帳カード写真付き(免許書より少し信用度は下がる)
  • 社会保険証か国民健康保険証+公共料金の領収書(顔写真付きの身分証明書のない場合)

※ 住民基本台帳カードは各自治体で発行してもらえます。

上記のいずれかを持って行くなら、融資をスムーズに行うことが出来ます。

免許書を持っているなら、一番確実ですので、免許書を持って行くことをおすすめします。免許書のない場合は、写真付きの住民基本台帳カードが、信頼性が高い証明書となります。

身分証明書に記載されている自宅住所と現住所が異なる場合

現在住んでいる自宅住所と身分証明書に記載されている住所が異なる場合は、次のようないずれか一点の書類提出をする必要があります。

  • 国税や地方税の領収書
  • 納税証明書
  • 公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
  • 住民票の写し、または住民票の記載事項証明書
  • 社会保険料の領収書

審査のときに「提出書類と現在住んでいる住所が異なる」という旨をしっかり金融機関に伝えて、審査落ちを未然に防ぐことが大切です。

提出書類と申込の住所が異なると、「虚偽の申告(嘘)扱いになり審査に落ちてしまうことがあります。気をつけましょう。

収入証明書が必要になるケース

  • 借入限度額50万円を超える場合
  • 借入希望額と他社との合算額が100万円を超える場合
  • 前回の収入証明書の提出日から2〜3年を経過している場合

借入金額の合計(他社も含む)が、100万円以上、またはその業者で50万円以上の契約の際の必要書類となります。

融資希望額が50万円以下の場合、借入先によって不要になる場合があります。

自分がどれだけ融資を望むかを良く考えて、必要な書類をしっかり準備するようにしてください。即日融資を望む際は、万が一に備えて借り入れ希望金額に関係なく、給料明細を用意しておくほうが安心ですね。

収入証明書として提出するもの

次の書類を収入を証明する書類として提出することができます。

給料明細書 最新の2ヶ月以上+1年分の賞与明細書
源泉徴収票 最新のもの
住民税決定通知書 市区町村役場発行の最新のもの
納税証明書 年収または所得金額が記入されている最新のもの
確定申告書 税務署または電子申告の受付日印がある最新のもの

カードローン会社によって提出する書類の期限が異なることがありますので、確認のうえ提出するようにしてください。

収入証明書の入手方法について知りたい場合は、下記の記事を参考にしてください。

カードローンの収入証明書とは?どこで手に入れられる?

カードローンの収入証明書とは、一体どんな書類なのでしょうか。またどこで手に入られるのでしょうか。ここではカードローンの審査時に必要な収入証明書の入手方法について分かりやすく解説しています。

キャッシングの審査申し込みの注意点

他社からの借り入れ状況・借金の総額・勤務先情報・収入などについて、必要書類に虚偽の記載をすることは法律で禁じられています。

融資をしてもらいたいあまり、虚偽の申告をしたとしても、かえって余計な時間がかかってしまい融資を利用できなくなってしまう可能性があります。

即日融資のためにも正確な書類を

虚偽の申告などがあると、即日融資が利用できないだけでなく、虚偽の申告には詐欺罪が適用されることもありますので、必ず正確な申告をしてください。

虚偽の申告などで、トラブルを起こしてしまうと今後どこでも融資をうけられなくなる可能性もありますので、十分気を付けてください。

融資申し込みの際、金融機関側は債務者の信用性、返済能力などを十分審査します。

安心に信用できるところで借り入れを行いたいと債務者側は思いますが、借り入れをおこなう側の金融機関も同じで、信頼できる人と契約を交わしたいと思っています。

金融機関の審査をスムーズにして安心して、即日融資が出来るように、債務者は正確で信頼性の高い書類を準備し、申し込みの際の記載の正確さに務めることで、スムーズに即日融資を受けることが出来ます。