「家族や会社にバレることなくお金を借りたい」

そう思っている人がほとんどではないでしょうか。基本的にカードローン契約は、プライバシーへの配慮がされているので、バレることなく利用できる仕組みになっています。

たとえばカードローン関係の書類だと分からないように、封筒にカードローンという記載をしないで自宅に郵送物が届いたり、その書類を本人以外が受け取れないようになっていたり。

しかしそれだけでは家族にキャッシングがバレてしまうのではないか、郵送物が届くことなくキャッシングが受けられないのか、このようにまだまだ物足りなさを感じる人も多いことでしょう。

家族や会社にバレないで借入したい人は、通常よりもプライバシーへの配慮が徹底されているカードローン会社を選択するのが得策です。

家族や会社にキャッシングがバレる理由

自宅に届く郵送物でバレる

自宅に届くカードローン関係の書類が原因で、家族にキャッシングを利用していることを知られてしまうケースも少なくありません。そのため、できれば郵送物が送られてくることなく、キャッシングサービスを利用したいところですよね。

勤務先への在籍確認でバレる

在籍確認とは、カードローン契約時に記入した勤務先へ勤めているかどうかを確認する電話連絡のことです。勤務先へ電話連絡がかかってくるものの、それが原因でカードローンの利用が会社の人にばれてしまうケースは実際のところほとんどありません。

なぜかというと銀行名や消費者金融名は名乗らずに、担当者の個人名で電話連絡がおこなわれるからです。しかし勤務先にカードローン会社から電話連絡がかかってくるのを、できれば避けたいところですよね。

リスクを減らすならSMBCモビットなどのWEB完結型サービスを利用する

誰にもバレずにキャッシングをしたい、そんなニーズから生まれたのがモビットの「WEB完結型サービス」になります。

モビットのWEB完結なら電話連絡なし・自宅郵送物なしで借り入れできるようになっています。

 SMBCモビットのWEB完結申し込みがおすすめな理由まとめ

  • WEB上で全ての手続きを完了することができる
    (申し込み〜契約、融資の手続きまでの全てをWEB上で終わらせることができる)
  • 店舗の出入りを誰かに見られるリスクなし
    (WEBが利用できれば場所を選ばず利用が可能)
  • 電話がかかってきてバレてしまうリスクなし
    (確認の電話がない)
  • 郵送物でバレてしまうといったリスクなし
    (WEB上で管理できる契約書・明細を利用もしくは不要とすることできる)
  • カードを持たなくても良い
    (持ち物からバレる心配がない)

銀行カードローンよりも、消費者金融のほうがプライバシーへの配慮に柔軟に対応してもらえるケースが多いです。家族や会社にバレることなくカードローンを利用したいなら、モビットのような消費者金融でキャッシングをおこなうのがベストです。

誰にもバレずに借りたいならSMBCモビット

  • WEB完結で、郵送物・電話連絡無し。
  • 融資限度額が業界トップクラス。
  • 平日14:50までにWEB契約完了で、即日の振込融資が可能。

申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

審査時間 10秒簡易審査
実質年利 3.0%〜18.0%
借入限度額 800万円まで

プロミスのWEB完結申し込みもばれない

  • 手続きをWEB上で全て終わらせることができる(申し込み〜契約、融資)
  • カードありかカードなしか選べる様になって、カードを持たなくても借入できる。

プロミス

  • 手続きをWEB上で全て終わらせることができる(申し込み〜契約、融資)
  • 初回限定で30日間無利息サービス
  • 平日14:00以降&土日でもWEB契約でATMによる即日融資が可能

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

審査時間 最短30分
実質年利 4.5%~17.8%
借入限度額 1〜500万円

新しいカードローン「J.Score(ジェイスコア)」

  • 口座を持っていなくても、WEB上で全ての手続きができる
  • カードレスで、ローンカード発行不要の借り入れが可能

J.Score(ジェイスコア)

  • 口座を持っていなくても、WEB上で全ての手続きができる
  • カードレスで、ローンカード発行不要の借り入れが可能
  • 契約書類・利用明細書等はオンラインで確認できる
審査時間 最短30分
実質年利 年0.8%~12.0%
借入限度額 最大1,000万円

家族や職場への自宅郵送物や在籍確認は大丈夫?

では、なぜWEB完結型サービスを利用すると、家族や職場にバレずに利用できるのでしょうか。その仕組みや方法を、具体的に説明していきましょう。

自宅に届く郵送物→インターネット上ですべてやり取りできるから郵送物なし

カードローン契約をすると、契約書やローン専用のキャッシュカード、利用明細書などが自宅に送られてきます。

少し前までは郵送物なしでキャッシングしたい場合、これらの書類を自動契約機で受け取るのが一般的でした。しかしこれでは、わざわざ自動契約機に郵送物を受け取りに行かなければいけないので、契約をおこなうのがすこし面倒に感じますよね。

もっと簡単にカードローン契約がおこなえるようにデベロップメントしたものこそが、WEB完結型サービスです。

WEB完結型サービスを利用すると、これらの書類が一切必要なく、すべてインターネット上でやり取りすることができます。

  • 契約書類 → インターネットで取得可能
  • ローン専用のキャッシュカード → カードレス(カードなし)により必要なし
  • 利用明細書 → メール、もしくは会員ページで確認できる

このように「WEB完結型」はすべての書類がシステム化されているため、郵送物が送られてくることなくカードローン契約がおこなえるのです。

在籍確認→保険証や給料明細書などの書類提出で会社への電話連絡なし

先ほども言ったように、在籍確認は勤務先へ電話連絡がかかってくるのが一般的です。

しかしわざわざ勤務先に電話連絡しなくても、他の手段で勤務しているかどうかを確認することができますよね。それが書類で在籍確認をおこなう方法になります。

たとえば会社に勤務していれば社会保険証が交付されますので、これを提出すれば十分にどこの会社に勤めているか確認できます。

ただし中にはすでに会社を辞めてしまっているにも関わらず、社会保険証を返納していない場合も考えられますので、こうしたケースを防止するために社会保険証と合わせて直近の給料明細書も提出する必要があります。

郵送物なし・会社への電話連絡なしならSMBCモビット

SMBCモビットのWEB完結の画像

SMBCモビットは、WEB完結で契約すると電話連絡なしで、自宅郵送物も一切送られてきません。

SMBCモビットのWEB完結は、「三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っている」、「社会保険証、もしくは組合保険証を持っている」という2つの条件を満たしていれば申し込みできるようになっています。

モビットのWEB完結申込なら電話連絡なし・郵送物なしの借り入れができ、家族や会社にバレない借り入れが可能です。

カードローン会社から自宅に電話連絡が来ることは滅多にない

よくドラマなどで、借金取りが自宅に連絡をしてくるというシーンがありますよね。

しかしそれはあくまでドラマ内の話であって、現実的にはあり得ません。

ようするにドラマはフィクションになるので、想像によって物事を大げさに描いているのです。

カードローンの申し込みをするときに、自宅の固定電話を記入する欄がありますが、よほどの事がない限りこの固定電話に連絡が入ることはありません。

このよほどの事というのは、借入したお金を何ヶ月も返済していないうえに連絡手段である携帯電話に連絡をしてもでなかったり、住所が変わったのにも関わらずカードローン会社に連絡をしていなかったり。

カードローン会社側も、連絡の最終手段として固定電話に連絡をしてくるケースがほとんどなので、ルールを守って正しくカードローンを利用していれば、自宅に電話がかかってくることは滅多にないのです。

自宅への在籍確認は専業主婦のみ

ただし例外として専業主婦がキャッシングを利用する場合のみ、自宅の固定電話に連絡が入ります。専業主婦の場合は勤務先がないため、自宅への連絡が在籍確認となるからです。

また上述で紹介しているカードローンは総量規制により利用が制限されるため、専業主婦は借り入れできません。

専業主婦で借り入れする場合は、総量規制の影響を受けない銀行カードローンを利用する必要がありますので、「専業主婦の方でも借りられる銀行のカードローン」の記事を合わせてご覧ください。専業主婦でも借りれるおすすめの銀行カードローンを紹介しています。

各金融会社の郵送物の有無まとめ
契約書 カード発行なし 利用明細書
SMBCモビット ◯web上で確認可 ◯可能 ◯web上で確認可
プロミス ◯web上で確認可 ◯可能 ◯web上で確認可
三井住友銀行 ◯郵送なし可 ×カード発行あり ◯web上で確認可
みずほ銀行 ×郵送なし不可 △口座ありで可能 ◯web上で確認可
楽天銀行 ×郵送なし不可 ×カード発行あり ◯web上で確認可
東京スター銀行 ×郵送なし不可 ×カード発行あり ◯web上で確認可

こうしてみると案外、郵送物が届くことなく借り入れできるカードローンが多くあることが分かりますね。

もともとは、モビットが郵送物なしを強みにしていましたが、最近では、プロミスもカードレス対応になり、オンライン上で全てのやり取りを完了させられるようになりました。

自宅への郵送物なしでキャッシングするには、SMBCモビット、プロミスで借り入れする必要があります。

郵送物なしの借り入れに消費者金融を利用するメリット

銀行は、企業向けの融資から個人向けの無担保ローンまで幅広いローン商品を取り扱っていますが、消費者金融は個人向けローンだけを専門としている、いわば金貸しのプロです。

消費者金融は、利用者がどんなことを求めていて、どんなことを嫌がるのかをすべて熟知しています。

当然ながら、「自宅に郵送物を避けたい」という利用者の声にも耳を傾けており、カードレス(カード発行無し)や自動契約機での受け取りなど、自宅への郵送物無しで借り入れできる方法が数多くあります。

大手の消費者金融であれば間違いなし

大手の消費者金融には、中小規模の消費者金融とは比べ物にならないほどの知識や経験、融資実績があります。

大手の消費者金融は、銀行と差別化を図るために消費者に寄り添った対応をしているからこそ、市場ネットワークの拡大ができているのだと思います。

金融業界においても大手有利の思想は通用し、大手の消費者金融であれば自宅への郵送物が徹底的に配慮されています。

どんな方法で借り入れをしても絶対に家族や会社にバレない仕組みづくりがされていますので、どこで借りるか迷ったら、大手の消費者金融を選択しておけば間違いありません。