給料日前にも関わらず、結婚式の祝儀や飲み会などで急にお金が必要になっていませんか。

家族や友人からお金を借りて工面するのもひとつですが、個人間の貸し借りはトラブルのもとになりますし、確実に貸してもらえる保証がありません。

どうしても明日までにお金を用意したいのならカードローンの利用をおすすめします。

  • 3万借りて翌月に返済した場合→無利息カードローンは支払う利息0円
  • 3万借りて3ヶ月後に返済した場合→支払う利息は904円

カードローンを利用した場合、たとえばアイフルは3万円借りて3ヶ月後に返済すれば、10,301円×3ヶ月=30,904円。つまり支払う利息は904円になります。

アイフルのように今日中に融資してもらえるカードローンもありますので検討されてはいかがでしょうか。

今すぐ3万円借りたいときのポイント

無利息融資を利用する

無利息融資は、一定期間内の利息が無料(0円)になるサービスをいいます。アイフルのような消費者金融には、初めてでも利用しやすいように無利息サービスがあることが多くあります。3万円の借り入れを3ヶ月した場合、低金利(金利15%)よりも無利息融資を利用したほうが約300円も利息がお得になります。

即日融資可能な消費者金融を選ぶ

カードローンで借り入れをするのなら、銀行カードローンか、消費者金融のどちらかで申し込みをすることになります。銀行カードローンのほうが低金利に借り入れできますが、2018年1月から審査厳格化の影響で即日融資が受けられなくなりましたので、当日借り入れを希望する場合は消費者金融で申込みをする必要があります。

振込融資で、来店不要に借り入れできる

一般的なカードローンは、専用カードを用いてコンビニのATMからお金を引き出すのですが、振込融資が受けられるカードローンは、直接口座にお金を振り込んでもらえるためカード発行前にお金を受け取れます。つまり振込融資のほうが融資までのスピードが早くなるのです。後日ローンカードが郵送される仕組みになっているため、無人契約機に来店する必要もありません。

今日中に3万円借りるならおすすめはココ

アイフル

アイフルの画像

アイフルの申し込みが初めてなら「最大30日間の無利息サービス」が利用できますので、翌月までに全額返済すれば利息の支払いはありません。

申込当日の融資にも柔軟に対応してもらえますので、web申込後に「急ぎで融資を受けたい」という旨を伝えれば即日融資に最適な方法を案内してもらえます。

平日14:10までの受付完了で振込融資が受けられますので、来店しなくても手続きが完了します。アイフルは土日祝日の審査もおこなっているためサラリーマンの人でも利用しやすいです。

プロミス

プロミスの画像

アイフルと同様に、プロミスの利用が初めてなら最大30日間の無利息サービスが利用できます。平日14:50まで振込融資に対応してもらえるほか、カードレス対応で自宅郵送物も一切ありません。

土日祝日でも即日融資が受けられるうえに、三井住友銀行やジャパンネット銀行の口座を持っていれば24時間いつでも振込融資に対応してもらえます。

3万円の即日融資が受けられる時間は夜22:00まで

3万円の即日融資が受けられる時間は夜22:00までの手続き完了になります。この時間を過ぎても申し込みをすることはできますが、融資が受けられるのは翌営業日に繰り越されます。

アイフルやプロミスでは、各地に自動契約機(無人契約機)が設置されており、これを利用して審査や必要書類の提出がおこなえます。

web申込後に自動契約機を利用して専用カードを発行すれば、振込融資が受けられない銀行業務終了後15:00以降や土日祝日でも当日融資に対応してもらえます。

いずれも自動契約機の営業時間が22:00になりますから、それが同時に即日融資のタイムリミットになります。

自動契約機内の手続きは30分ほどかかりますので、遅くとも20:30頃までにweb申し込みをしておけばギリギリ間に合うと思われます。

カードローンの審査に通るには?3万円は年収いくら必要?

3万円を借りるには年収約9万円以上が必要になりますので、残念ながら無職者で安定した収入がない場合はお金を貸してもらえません。

消費者金融と銀行カードローンのいずれも借入限度額が年収の3分の1までとなりますので、事実上は年収9万円以上あれば3万円のお金を借りられます。

つまり毎月5,000円〜1万円以上の月収があれば審査通過が見込める可能性があるということです。

カードローンの審査ではあらゆる情報が加味されますので、年収9万円あれば確実に審査通過するわけではないことを理解しておきましょう。

3万円なら運転免許証だけで借りれる!

カードローンは、限度額50万円までなら運転免許証1枚でお金を貸してもらえます。

提出する書類は運転免許証だけなので、住民票や源泉徴収票などの用意するのが面倒な収入証明書類は必要ありません。

書類の提出方法もとても簡単で、メールで届いたURLにログインして、スマホで撮影した書類をアップロードするだけOK。

アイフルやプロミスのようなカードローンなら、オンラインで全ての手続きができますので、スマホ1台と免許証があれば申込みが可能です。

保証人や担保も必要ありません

住宅ローンや自動車ローンなどの金額の大きい借り入れをするときには、連帯保証人や担保を要求されるケースがあります。

しかしカードローンは、金額の小さい借り入れになりますので、保証人や担保は必要ありません。

ようするに学生や主婦であっても、両親や家族の承諾を得ることなくお金を工面することができるのです。

誰にも知られずに秘密裏に利用できることがカードローンの最大の魅力といっても過言ではありません。

金融ブラックでも3万円なら借りれる?

金融ブラックで信用情報に傷がついている場合は、たとえ3万円の借入であっても審査に通るのが難しいです。

次のような人は、既に金融ブラックの状態にあると考えられます。

  • 過去に債務整理を経験。信用情報に記録が残っている
  • 5件以上の複数金融業者から借り入れがある
  • 滞納や延滞を繰り返しおこなった

残念ながら金融ブラックだと、大手消費者金融では何度審査を受けても通してもらえないことが多いです。

金融ブラックでも借りれる業者もありますが、名前も聞いたことのないような中小規模の消費者金融に限られます。

街金融を狙えば、ブラックでも3万円程度なら借りれる可能性がゼロではありません。

街金とくらべると、大手消費者金融のほうが圧倒的に利用しやすいので、まずは大手で審査を受けて、ダメだったら街金という流れが良いと思います。

2〜3万円の少額を借りたときの利息は高い?いくらになる?

3万円を借りたときの累計利息額は、次の通りになります。

借入額 返済期間/回数 毎月の返済額 累計利息額
2万円 1ヶ月(1回) 20,295円 295円
2ヶ月(2回) 10,225円 451円
3ヶ月(3回) 6,867円 602円
3万円 1ヶ月(1回) 30,443円 443円
2ヶ月(2回) 15,338円 676円
3ヶ月(3回) 10,301円 904円
6ヶ月(6回) 5,265円 1,592円

※上述は金利18.0%で算出した場合です。

3万円以上の借り入れをしたときの利息を知りたい場合は、下記の記事を参考にしてください。

5万円借りたい!本日中にカードローンでお金を用意する方法

今すぐ5万円借りたい!あとちょっと借りたい!そんなときにおすすめのカードローンを紹介しています。既に借り入れがある人でも今日中に3〜5万円借りる方法はいくつかあります。少額借り入れをするのなら無利息カードローンの利用がベスト。

無利息サービスの利用で約450円の利息軽減が見込める

アイフルやプロミスの「30日間無利息サービス」を利用した場合、約450円の利息軽減が見込めます。

たった450円と思うかもしれませんが、3万円だけ借りて30日以内に全額返済すれば利息を支払わなくても良いことになります。

無利息期間内に完済すれば、利息0円でカードローンが利用できるためクレジットカードのキャッシング機能を利用するよりもお得なのです。

ただ、この無利息サービスは1回のみしか利用できませんので、後日からカードローンの利用が癖になってしまわないように気をつけましょう。

毎月の最低返済額はいくら?
プロミス 2,000円
アイフル 4,000円

消費者金融でそれぞれ最低返済額が異なり、プロミスなら2,000円、アイフルなら4,000円になります。

プロミスは最低でも2,000円ずつ返済すれば良いので、給料後すぐの全額返済が難しい場合でも問題ありません。

ゆとりを持った返済ができるとはいえ、毎月2,000円では完済するまでに18ヶ月かかって利息が4,232円に膨れ上がりますので、1日でも早い返済を心がけることが大切になります。

少額を貸して欲しいときは親を頼るべき?それとも金融機関が妥当?

少額を借りるとき親?金融機関?のイメージ画像

2〜3万円の少額借り入れの場合は、家族や親に頼むのではなく、金融機関を利用するのが妥当だと思います。

上述でも説明があるようにアイフルのような消費者金融では無利息期間があり、その期間内に借りたお金を返せば支払う利息は0円になります。

とくに2〜3万円の少額なら、翌月には返済できるという人が多いのではないでしょうか。

もちろん、親からお金を借りたときも利息はかからないと思いますが、身近な人とのお金の貸し借りは人間関係を壊してしまう悲しい結果になるかもしれません。

その後の関係性にヒビが入ってしまうより、思い切って借りて利息数百円程度を支払ったほうがいい場合もあると思います。

ただ、カードローンは長く借りれば借りるほど、利息が高くなるデメリットがあります。

一時的な借り入れとしては良いですが、長期間だらだら借りてしまうようなら使わないほうが良いかもしれません。

カードローンを利用する場合は、「借りたらすぐに返す!」どうかこれを忘れないようにしてください。

家族や友人から3万円を借りたいときに使える言い訳まとめ

家族や友人から3万円を借りたいときに使える言い訳をいくつかまとめてみました。

友人の結婚式に参列する

「急遽、欠席者が出てどうしても列席して欲しいと頼まれた!」
普通に考えれば失礼な話ですが、人数合わせで呼ばれるケースもごく稀にあります。納得してもらえれば、結婚式のご祝儀として3万円が手に入ります。

光熱費が賄えない

「光熱費が支払えない!」
緊急を要する場合なら、お金を出さざるを得ません。親や祖父祖母に有効な言い訳といえます。
てっきり光熱費が引き落とされていると思ったら、不足していて引かれておらず、そのまま知らずに使い込んでしまったなど。故意ではないと分かるように言い訳すると良いでしょう。

財布を落として、無くした

「電車に財布を置き忘てしまった!」
電車やタクシーに財布を置き忘てしまうことは、誰にでも起こりうる事態です。落ちていた財布を拾った人がそのまま持っていくことも十分にあり得ます。彼女彼氏・夫嫁にも使えるもっとも自然かつ、怪しまれづらい言い訳といえます。