自宅郵送無しのカードローン

カードローン利用時の書類の自宅郵送
お金を借りたい時と言うのは、人には言えない状況であることが多いものです。銀行のカードローンは専業主婦に代表される収入のない人も利用できる借入サービスですが、主婦の方は特に、家族には余計な心配をかけてしまうので利用を秘密にしたいと言う人も多いでしょう。

家族に知られるのを避ける事を優先して、なかなか借入を行えない人もいると思います。最近では自宅に郵送物が一切届かないカードローンもありますので、そういったサービスを利用するのがオススメです。

自宅郵送無しのカードローン

借金を家族に知られてしまうきっかけとしては、自宅に郵送される申し込み用紙や契約書等の書類が圧倒的でしょう。一般的に、カードローンを利用する際、次のような時に書類が郵送される事があります。

自宅郵送される書類とその回避方法

自宅郵送無しのカードローン

申し込み、契約関連書類

カードローンを利用しようとする時、普通はまず「申込書」が、そして契約締結後は「契約通知書」、「ご利用ガイド」、「契約についてのお知らせ」、等の各種書類と「ローンカード」が郵送で送られてきます。

書類に関しては、申し込み手続きをインターネットを利用して行えば、全てメールで送られてくる等、自宅郵送を避ける事が出来ます。しかし、ローンカードだけは郵送又は店頭受け取りのいずれかになります。これはどの業者を利用しても変わりません。

簡易書留や宅配便を使った手渡しのみに限っている業者もありますので、これに関しては自分が受け取るようにするしか方法がありません。唯一救いとなるのは、ローンカードの郵送時にはほとんどの業者が会社名や商品名を伏せた形で郵送してくれる事です。

従って勝手に中身を確認されない限り、家族に貴方の借入の事実を知られる事はないと言って良いでしょう。

自宅への郵送物や電話連絡が無しなのは、モビットのWEB完結



モビットのWEB完結のみ、各種自宅郵送物、ローンカードの発行も有りません。
モビットの詳細はこちら
借入、返済関連書類

実際に借入を行うと「融資明細書」、借入分の返済を行うと「入金明細書」等が大抵は郵送されてきます。

これは、貴方の借入や返済の状況を確認するのに必要な書類です。最近はこれらの書類も、インターネットを利用して自宅郵送なしとする事も可能です。

以上から、ローンカードの郵送を除いてその他の書類の殆どはWEBサービスを利用することによって、自宅郵送なしで済ます事が出来ると言えます。またローンカードの郵送についても、家族にはそれと知られないよう配慮がなされていますので、郵便物が原因で家族に借入を知られるリスクはほぼないと言えるでしょう。

例外的に書類が自宅郵送される場合

けれども、例外ももちろんあります。以下は、書類が自宅郵送となる注意すべきケースです。

支払いが遅れた時
督促状や請求書が郵便で届きます。

コンビニ又は銀行の提携ATMを利用して借入、返済を行った時
必ずではありませんが、法律上記載が義務付けられている項目が利用明細書に記載できない場合、後日郵送で書類が届く事があります。

振込サービス利用時
カードローンを使って借入を行う時、自分の銀行口座にお金を振り込むサービスがあります。カードローンは、借入までの手軽さと迅速さが人気の理由の一つとなっており、振込はそれを実現するサービスの一つと言えるでしょう。

けれども、このサービスを利用すると、後日書類が郵送される事がありますので、カードローン関連の書類が自宅に届いてほしくない人は、振込サービスは利用しない方が良いかもしれません。

いずれにせよ、カードローン利用時の自宅への書類郵送はWEBサービスを利用することによってかなり軽減されると思います。後は書類の郵送が伴うサービスを予め調べておく等して、それらは頻繁には使用しないようにすれば良いでしょう。また、業者に書類の自宅郵送を希望しない旨を伝えておけば、殆どの企業でそのような配慮を行ってくれます。カードローンを安心して利用する為にも、ちょっとの手間を惜しまずきちんと手続きをしておきましょう。

自宅郵送無しで、家族にバレたくない人はモビット

モビットのWEB完結なら、自宅への郵送物や電話連絡が無し!
モビットカードの発行もないので誰にもバレないで借り入れが可能です。

01位

誰にもバレずに借りたいならモビット

融資限度額が業界トップクラス。
平日14:50までにWEB契約完了で、即日の振込融資が可能。
WEB完結で、郵送物・電話連絡、無し。

審査時間 10秒簡易審査
実質年利 3.0%〜18.0%
借入限度額 800万円まで

自宅輸送物なしカードローンでこっそり借りる

借金をしていることが家族にばれるのは嫌、家族からの信頼は保ちたいという方はたくさんおられます。そのような方は自宅輸送物なしでカードローンを利用することをおすすめします。

自宅輸送物なしカードローンは消費者金融や銀行でも利用できますが、基本的には、必要書類はすべて自宅に送られますから、事前にどのような書類が送られてくる可能性があるか、どのような手続きを行い、自宅への輸送に代わるどのような受け取り方法があるかを知っておくなら安心です。注意すべき点もしっかり頭に入れて、ぬかりなく計画しておくと良いでしょう。

≪申し込み・契約時に関係するもの≫

申込書と契約書
ローンカード

どちらも、基本的に自宅に輸送されてくるものですが、店頭窓口や自動契約機での受け取りも可能です。
事前に利用する金融機関で、自宅以外での受け取りについて、確認をしておくことをおすすめします。

≪借り入れ・返済に関係するもの≫

利用明細書
支払催促の書類

WEBサービスを利用するなら、利用明細書も自宅に輸送されずにWEB上で確認することが可能です。一部の提携ATMでは利用明細書が後日、自宅に郵送されてしまうため、自社ATMを利用すると安心です。注意すべき点として、振り込みサービスを利用すると自宅に郵送物が届いてしまうので、うっかり利用してしまわないようにした方がいいですね。

返済が遅れてしまい、連絡がつかなければ支払催促の書類が自宅に送られてきてしまいます。返済期日はしっかり守りましょう。もし、忘れてしまいそうで自信がないようなら自動引き落としにすることで解決できます。どうしても返済期日が遅れてしまうようなら、自分から電話でその旨を伝えておきましょう。必ず返済する意思があることを強調して、借入先に安心してもらうことも大切ですね。どちらにしても、返済期日は遅れないようにするのがベターですし、遅れるとしても数日の遅れでとどめておいた方が良いでしょう。

家族には借金がばれたくない、という債務者の要望を考慮し大手の金融機関では、郵送物の差出人の名前が「○○○センター」などになっている場合もあります。これは嬉しい配慮ですね。開封されなければ、ばれる心配もありません。

しかし自宅に郵送物が送られてくれば、いつバレてもおかしくありませんし、気になって落ち着かないでしょう。契約時に上記の手続きをしっかり行って、自宅郵送物なしカードローンを利用するなら安心して家族にばれずにこっそりお金が借りられて安心です。郵送物・電話連絡、無しは、モビットのweb完結だけです。

【 一緒に読まれる関連記事 】


最終更新日: 2017/03/15