• 子供の給食費が支払えない
  • 今月の食費が苦しい
  • たまには家族旅行に行きたい

このような様々な理由から、お金を借入したいという主婦の人も多いことでしょう。しかしパートやアルバイトによって自身に収入があるなら良いものの、自身の稼ぎがない専業主婦でも借入できるのでしょうか。

心配いりません。専業主婦の人でも「配偶者に一定の安定した収入」があれば借入をすることができます。

でも、「家族に借入することを知られたくない」そんな人も多いですよね。

こちらも心配いりません。
借入した契約者はあなたになるのですから、配偶者や家族にキャッシングをした情報が知られてしまうことはありません。

とはいっても専業主婦が借入できるのか、本当に家族に内緒で借入できるのか、疑心暗鬼になってしまいますよね。借入できる理由や、その仕組みが分かればこのような不安は取り除けるのではないでしょうか。

専業主婦でも借入できるのはなぜ?

専業主婦が借入できるのは、社会に貢献しているとみなされて職業として認められているからです。職業を記入する欄によく専業主婦という項目がありますよね。これは専業主婦が職業として、社会的に認められているからこそではないでしょうか。

とはいえ、借りたお金は返さなければならないので、返済できるかどうかが重要になります。収入のない専業主婦は、配偶者の収入が返済原資になります。

そのため正確にいうと、配偶者に一定の安定した収入があり返済できる能力があるなら、専業主婦の人でもキャッシングがおこなえるということになります。

専業主婦でもキャッシングできるのは銀行カードローンのみ

カードローンを大きく分けると、銀行カードローンと消費者金融の2つになります。

このうち専業主婦が借入できるのは、銀行カードローンのみとなり、消費者金融ではキャッシングをおこなうことができません。

では、どうして消費者金融では専業主婦がキャッシングをおこなえないのでしょうか。

これは総量規制という法律が背景にあるからです。

総量規制とは、貸付額を年収の3分の1までに制限する法律のことをいいます。

消費者金融はこの総量規制の法律の対象になるため、専業主婦の人はキャッシングサービスを受けることができません。

なぜかというと、消費者金融は「年収の3分の1まで=0円まで」となるため、0円以上の借入がおこなえないからです。

しかし銀行カードローンは、銀行法という法律のもと運営されているため、総量規制にあたる貸金業法には該当しないのです。

銀行カードローンであれば、専業主婦の人でも利用することができます。

専業主婦で借りられる銀行カードローンのメリット

そのほかにも銀行カードローンならではの嬉しいメリットが多くあります。

  • 家族に知られずに借り入れができる
  • 最短で申込をしたその日に融資が受けられる
  • 低金利だから、毎月の返済負担が軽い
  • 配偶者の収入証明や同意書が不要
  • 申し込みが簡単

銀行カードローンの申込には、配偶者の同意書や配偶者に関するその他書類提出は必要ありません。最近ではインターネットのみで契約が完了するので、契約自体も思っている以上に簡単です。

家族に知られずに借り入れができる

カードローンの契約時に、借入先の銀行カードローンから、配偶者や配偶者の勤務先に対して直接連絡が入ることはありません。なぜかというと、カードローン契約ではプライバシーへの配慮が義務付けられており、第三者に口外してはならない決まりがあるからです。

契約時はもちろん、その後の利用中もカードローン会社から配偶者へ連絡が入ることは一切ありません。そのため家族や配偶者に知られることなく、カードローンの利用がおこなえます。

最短で申込をしたその日に融資が受けられる

銀行カードローンは最短で申込をしたその日に融資が受けられます。今日中に融資を受けたい場合は、即日融資に対応してもらえるだけでなく、審査スピードが速い銀行カードローンを選択しましょう。

低金利だから、毎月の返済負担が軽い

お金の自由がきかない主婦の人は、返済できるかどうか不安になるところですよね。消費者金融に比べて銀行カードローンは金利が低くなるケースが多いため、少ない負担でキャッシングがおこなえます。

専業主婦におすすめの銀行系カードローンです。借入を検討している方は是非参考にしてください。



プロミス

  • 手続きをWEB上で全て終わらせることができる(申し込み〜契約、融資)
  • 初回限定で30日間無利息サービス
  • 平日14:00以降&土日でもWEB契約でATMによる即日融資が可能

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

審査時間 最短30分
実質年利 4.5%~17.8%
借入限度額 1〜500万円

アイフル

  • 「借り換えMAX」で貸金業法に基づき年収3分の1を超えるキャッシングが可能
  • 来店不要!22:00まで即日融資に対応してもらえる
  • 家族や配偶者、誰にもバレずにキャッシュカードが受け取れる
審査時間 最短30分
実質年利 4.5%~18.0%
借入限度額 500万円

モビット

  • WEB完結で、郵送物・電話連絡無し。
  • 融資限度額が業界トップクラス。
  • 平日14:50までにWEB契約完了で、即日の振込融資が可能。

申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

審査時間 10秒簡易審査
実質年利 3.0%〜18.0%
借入限度額 800万円まで

主婦でも借りれる消費者金融のカードローンはどこ?

専業主婦の方は、消費者金融でキャッシングをすることができませんが、パートやアルバイトなどで収入のある主婦の方であれば消費者金融でキャッシングをすることができます。

自身に一定の安定した収入がある主婦の場合においては、上述で紹介しているカードローンであれば、どこでもキャッシングが可能です。

専業主婦のカードローン契約の仕組み

専業主婦がカードローンの申込をおこなうと、まず配偶者とあなたの個人情報が開示されて審査がおこなわれます。

申込から審査までの流れ

先ほどもいったように、このときに配偶者に対して個人情報を開示した旨の連絡が入ることはないので心配しなくても大丈夫です。

この審査に通過するかどうかは、過去のローンの返済実績などが主にみられます。そのため、たとえあなたにブラック情報がなくても、配偶者にブラック情報があるようなら審査に通過しなくなります。

いずれにも問題がみられなければ、仮審査に通過してその後に在籍確認がおこなわれます。

在籍確認は固定電話にかかってくる

一般的な在籍確認は、勤務先への連絡となるのですが、専業主婦の場合は勤務先がないため自宅の固定電話へ電話連絡がかかってくるケースがほとんどです。

固定電話が自宅にない場合は、携帯電話への連絡でも可能となります。

とはいえ、携帯電話だけでは不十分だと判断される場合が多いので、そういったときは公共料金の支払い明細書や携帯電話料金の明細書など。所在地がわかる書類の提出が合わせて必要になる場合もあります。

携帯電話よりも固定電話のほうが信頼性が高いです。そのため、自宅への電話連絡は避けたいという理由から申込のときに固定電話の番号を記入しないのは辞めましょう。

身分証明書の提出

身分証明書は申込者だけの提出でいいです。配偶者の身分証明書を提出する必要はありません。

在籍確認と身分証明書による書類審査、いわゆる本審査にも通過すると、カードローン契約が完了したことになり、融資が受けられます。

カードローンも、クレジットカードの契約も、ほとんど差異はありません。どちらも審査がおこなわれて通過すれば利用できるようになります。

専業主婦・主婦のキャッシングの限度額について

専業主婦の場合は借入枠が30万円〜50万円になるケースが多いのですが、一時的な必要資金をまかなう分には十分なお金が借入できます。

借入先の銀行カードローンによっても変わってきますので、限度額を確認した上で申込をおこなうようにしましょう。

主婦の限度額

専業主婦 収入のある主婦
プロミス × 年収3分の1まで
アイフル × 年収3分の1まで
モビット × 年収3分の1まで

クレジットカードに限度額が設けられているように、カードローンも審査により借入限度額が決められており、専業主婦の場合においては通常よりもこの借入枠が小さくなります。

やはり一般的に働いている人と比べると、自由に使うお金が制限されてしまう専業主婦の人は借入枠が限られてしまっても仕方がないのかもしれません。

専業主婦が夫に内緒でカードローンを利用するには?

夫に内緒でキャッシング

夫に内緒でカードローンを利用したいのであれば、自宅への「郵送物なし」で利用できるカードローンの選択をおすすめします。

上述でも説明がありますが、基本的に妻がカードローンの契約をしても、夫に直接連絡が入ることはありません。

夫に連絡が入ることがない上に、夫の信用情報に記録として残ることもないので、利用中も利用後にもバレてしまうケースはないと言えます。

ただ、妻が利用したカードローンが夫にバレてしまうケースとして最も多いのが、自宅に届く郵送物です。

カードローン会社からあなた宛に届いた郵送物が原因で、夫に借り入れがバレてしまう可能性がありますので、その点のみ気をつけなければなりません。

カードローン会社の中には自宅に郵送物が届かないところもありますので、そういったカードローンを選択するのがベストでしょう。

住宅ローン・教育ローンを組む際に夫にバレないのは本当

結論からいいますと、妻が利用したカードローンは、住宅ローン・教育ローンを組む際に夫にバレてしまう心配はありませんが、将来的なローン審査への影響はあります。

妻が利用したカードローンの情報は、信用情報機関に記録として残りますが、これは本人の同意があった上で金融機関のみが見ることができ、希望があった場合には本人も開示してみることができます。

第三者が開示してみることができない規定になっているため、本人の同意が得られない限りは夫が妻の信用情報を開示してみることはできません。

ただ、カードローンの利用は、住宅ローンや教育ローンなどの審査の際にマイナスな印象を与えてしまう可能性があります。

将来的な審査への影響は?カードローンの利用履歴は5年以内に消える

少額の借り入れであれば、そこまでローン審査に大きく影響することはないと考えられますが、住宅ローンなどは借入額が大きくなりますので、できる限り不利な情報は避けたいところです。

将来的なローン審査への影響を避けたいのであれば、ローンを組む5年前に完済しておくことを目標にして利用するのがベターです。

カードローンを利用した情報が信用情報機関に登録されている期間は、次のとおりです。

申込情報 申込日から6ヶ月以内に削除される
返済に関する情報 契約中・契約終了後の5年以内に削除される
取引に関する情報 契約中・契約終了後の5年以内に削除される

カードローンを利用した情報はすべて5年以内には削除されますので、一生残るわけではありません。