即日融資におすすめのカードローン

即日融資

即日融資のカードローン

お金が必要になる時は、突然やってくる事が多いものです。冠婚葬祭、入院、突然の事故等、人生には予測のつかない事がたくさん起きます。そのような場合に金銭面で貴方の手助けとなるかもしれないのが即日融資してくれるカードローンです。
即日融資とは、お金の借り入れを申し込んだその日のうちに現金を貸してくれる事です。

即日融資カードローン

お金を借りる場合、通常は返済能力等を見極める審査を行い、それを通過すれば借りることが出来ますので、大抵お金を手にするまでの時間がかかる事が多いです。
即日融資のカードローンであれば、必要な時にサッとお金を借りられますので非常に便利です。

即日融資のカードローンランキング

カードローンを選ぶポイント

即日融資が可能のスピード
お得な無利息期間&低金利
限度額

カードローンサービスを選ぶ際は、3つのポイントを抑えたカードローンサービスを選びましょう。
以上3つのポイントから見た、おすすめのカードローンランキングです。

 

01位

新生銀行カードローン レイク

「30日間無利息」「5万円まで180日間無利息」が人気のレイク。銀行系では珍しい即日融資(※)が可能で、総量規制対象外のカードローンです。
※平日14時までに、申込と必要書類の確認の完了が必要です。

審査時間 申込み完了画面に表示
実質年利 4.5~18.0%
借入限度額 1~500万円
02位

モビット

電話確認や自宅郵送もなしで、誰にもバレずに借り入れがしたい人にオススメ。スマホアプリで簡単に本人確認ができて、スピード融資が可能

・申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

審査時間 10秒簡易審査
実質年利 3.0%〜18.0%
借入限度額 800万円まで
03位

プロミス

初回限定で「30日間無利息サービス」が人気のプロミス。WEB完結による即日融資も可能な消費者金融系サービスです。「最短30分」と審査スピードもトップクラスで人気のカードローンです。

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
女性の方はこちら: プロミスレディース

審査時間 最短30分
実質年利 4.5%~17.8%
借入限度額 1~500万円
04位

みずほ銀行カードローン

最短即日利用も可能!みずほ銀行カードローン。金利が年3.0%~14.0%と低金利が魅力 。ご利用限度額が最大1,000万円。

※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。エグゼクティブプランの年3.0%、コンフォートプランの年3.5%は引き下げ適用後の金利です。

審査時間 最短即日
実質年利 年3.0%~14.0%
借入限度額 1,000万円
05位

アコム

CMやテレビで有名なアコム。
最大30日間無利息サービスが嬉しい。
3秒診断で、借入可能かすぐに分かる。

審査時間 最短30分
実質年利 4.7~18.0%
借入限度額 1~500万円

誰でも手軽に即日利用が出来るカードローン

こういったサービスを行っている業者の中でも消費者金融業者や銀行のような金融機関では、日々お金を扱っていますので、特に迅速な対応を行ってくれ、急にお金を用立てる必要のあるときには非常に頼もしい存在となります。更に、今日では対面での応対よりも、コンビニのATMや無人契約機が普及していますので、好きな時に好きな場所で気軽にお金を借りられる環境が整っています。
従来、定職についていないアルバイトや専業主婦の方が借金をする場合、その敷居は高いものですが、即日融資を行ってくれるカードローンの中には、このような人を対象にサービスを行っている所もあり、お金を借りることが非常に身近になったと言えるでしょう。

即日融資カードローンの注意点

一方で、借金の返済によるトラブルが減らないのも事実です。
お金を借りる時は、借りる事で頭がいっぱいで忘れがちですが、当然のことながら、借りたものは返さなくてはなりません。大抵の場合、物を借りる際は、レンタル料を支払い、その物を返却すれば終わりですが、お金を借りる場合には利子がつきものです。利子はお金のレンタル料のようなもので、お金を長く借りれば借りる程、返済に影響を及ぼします。場合によっては、利子の返済に精いっぱいで元本の返済まで手が回らなくなる場合もあります。サービスが発達して便利になるのは良い事ですが、お金に関してはとりわけ安易にサービスを利用するのではなく、現在の自分の借入状況や収入、生活ぶりをしっかりと把握し、実現可能な返済計画を立て、返済まで確実に実行出来るという確信をもった上で利用しましょう。「審査に受かったから問題ない」「少額だからすぐに返せるだろう」という、軽い気持ちで借りてしまうと、見通しが甘かったり、また借入を安易に繰り返すようになったりして、後々自らの身の上に問題を引き起こしかねません。せっかくの便利なサービスなのですから、賢く利用するようにしましょう。

即日融資のカードローンの種類

即日融資カードローン

即日融資可能なカードローンの魅力は何と言っても、お金を手にするまでの早さです。

通常、お金を借りるまでになぜ時間がかかるのかと言うと、返済能力等を見極める審査に時間がかかるからです。
その点、即日融資を行っている場合は、まずは仮審査を行い、次に本審査を迅速に行います。
仮審査については、通常30分ほどで結果を得られる事が多いです。

審査結果に問題なければ、来店での申し込みでしたら、その場で融資可能、来店でなければ振込等で対応します。では、具体的な即日融資のカードローンの種類とその特徴を見て行きましょう。

消費者金融系カードローン
インターネットや電話での申し込み可。来店しなくても手続きが可能。
申し込みから融資までが迅速
銀行系カードローンに比べ高金利
銀行系カードローン
インターネットや電話での申し込み可。来店しなくても手続きが可能。
総量規制対象外(年収の3分の1以上の金額でも借り入れが可能、専業主婦やアルバイトでも借入可能)
消費者金融より低金利(高額の借入であれば、消費者金融系カードローンよりおすすめ)

最近では、特に即日融資が可能な銀行系カードローンの利用者の数が増えてきています。
既にご紹介したようにカードローンには消費者金融業者の提供しているものもありますが、
人気のカードローンの多くは銀行が提供しているサービスの一つである事がほとんどです。
人気の背景として、上記に上げた特徴の他にも次のような理由が考えられます。

即日融資可能
銀行で融資を受けるとなると、一般的に手続きに非常に長い時間がかかるイメージがあります。
けれども、そのイメージを覆すかのような即日融資のサービスは、申し込みをしたその日にお金を手にすることが出来ますので、
借り手には魅力的です。

借入金の使途制限なし
銀行でローンを組むとなると、大抵は住宅購入の為、起業の為等使途を明らかにする必要があります。
けれどもカードローンに関しては、使途を限定する必要がなく、自分の好きなように借りたお金を使う事が出来ます。

好きな時に借入・返済可能
カードローンの契約さえ行ってしまえば、その後の借入や返済の為に店舗へ赴く必要はありません。
これらは、銀行やコンビニのATMで済ます事が出来ますので、大げさに言ってしまえば旅先でも返済が可能な訳です。
更にATM手数料を無料にしている所もありますので、返済の為に更に無駄な支払いを行わなくてもすみます。

以上から、カードローンの中でも、銀行が提供しているカードローンサービスの利用者が増えています。
実際に、耳にするカードローンの名前も銀行系のものがほとんどでしょう。

 

01位

おすすめはレイク

「30日間無利息」「5万円まで180日間無利息」
銀行系カードローンだから、総量規制対象外。
平日14:00以降&土日でも、WEB契約で、ATMによる即日融資が可能

審査時間 最短即日
実質年利 4.5~18.0%
借入限度額 1~500万円

新生銀行カードローン レイク

即日融資でおすすめのレイク

カードローンのレイクは、どうしても即日の融資がしたい方に対して、かなり前向きに対応してくれます。即日融資をする場合には、ほとんどのカードローンサービスが14:30までには契約を完了しないと、ダメなのに対して、レイクの場合は14:00までに、申し込み完了して、14:45までに会員ページからお手続きいただくと、振込による即日融資をする事が可能です。

時間ギリギリでも最短1分で振込手続き〜融資が完了できる
もし、時間を過ぎてしまったとしても、web申し込み後、自動契約機で現金を受け取る事が可能です。
カードローンでは、対応していない、土日や夜間も利用可能です。

平日7:30〜24:00
土曜7:30〜24:00
日曜7:30〜22:00
毎月第3日曜日 7:30~20:00
無利息サービスも嬉しいレイク

「30日間無利息」「5万円まで180日間無利息」の無利息サービスが選べます。

カードローンの申し込み手続き

それでは、実際にカードローンを申し込みたいとなったら具体的に何をすればよいのでしょうか。

カードローン申し込み

申し込み方法は至って簡単です。
従来のような店舗窓口に加え、電話、インターネット、また、業者によっては無人契約機で手続き可能です。
インターネットは勿論ですが、無人契約機も場所によっては24時間受け付けてくれる所もありますので、
忙しくて時間のない時、また、外出中や旅行中等の急な場合でも、すぐに契約審査の申し込みが可能です。
申し込みの際には、たくさんの書類が必要なのではと思われるかもしれませんが、
多くの場合身分証明書さえあれば申し込みが出来るようになっているようです。

カードローン審査

お金を借りる際の審査と言うと、身分証明書と所得証明をはじめとする書類を揃え、郵送し、
数週間後に審査結果通知が来る、と想像する人が多いでしょう。
しかし、最近のカードローンの審査は驚くほど簡単かつスピーディです。

非常に特徴的なのは所得証明が不要である事が多い点です。
これは、利用する業者、借入金額、或いはカードローンの利用限度額によっても変わってきますが、
大きな金額でなければ、収入証明の提出を求められることはありません。
具体的な数字を出すとすれば、概ね100万円を超える金額を既に借入している、或いは希望していなければ不要となる事が多いです。
従って、運転免許証や健康保険証等自分の身分を証明出来る物さえ持っていけば、申し込み手続きは済みます。
この簡単さが、即日融資のカードローンの魅力の一つです。

申し込み後は審査が行われる訳ですが、即日融資のカードローンの場合は主に、
自己申告された所得金額と他社等から他に借入がないかどうか、ある場合はその金額によって融資可能かの判断が行われます。
審査自体は30分程しか要さないので、審査結果に特に問題がなければその場でカードが発行となります。
カードを手にしてしまえば、すぐにそのカードを使って借入する事が可能です。

審査で注目されるのは、先にも述べたように以下の二点です。

自己申告された所得金額
他社等から他に借入がないかどうか、ある場合はその金額

更に、消費者金融系のカードローンを利用する場合は、これに加えて貸出制限を超えていないかのチェックが入ります。
貸出制限金額は法律によって「総所得の3分の1」までと決められており、これを超える場合お金を貸し出す事は禁止されています。
これは借入先一社ごとではなく、複数の業者からお金を借りている場合は、それらを全て合わせた金額で判断されます。
借入先の件数に関しては特に法律での規制はありませんが、審査の対象とはなります。
いくら即日融資のカードローンの審査が簡単になっているとは言え、会社によっては、
これらの状況を考慮した結果、貸出を許可しなかったり、借入制限金額を減額したりする場合もありますので注意しましょう。
因みに、銀行系カードローンについてはこの法律の対象外となっています。

カードローン借入方法

審査が通った後は実際に借入をする訳ですが、多くのカードローン業者がコンビニ等と提携していますので、
コンビニや銀行のATMでいつでもどこでも手軽に融資を受ける事が出来ます。
ATM利用手数料も無料としている所が多くなっていますので、更なる出費を抑えることもできますし、
借入の為に個人情報を他人にさらすようなこともありませんので、家族や知人に知られることなく借りることもできます。
借入はカード入手後すぐに可能ですので、とても便利です。
返済計画をしっかりと立てた上で上手にカードを利用すれば、いざという時に貴方を助けてくれる頼もしい存在となる事でしょう。

カードローン返済方法

返済も借入同様、コンビニや銀行のATMで行う事が出来ます。
カードローン会社によっては、その他にインターネットバンキング経由や口座振替も可能としています。
けれども、ほとんどの会社がATM利用の返済を採用しており、またATMからのみ返済可能としている所もありますので、
気になる方は予め確認しておくと良いでしょう。

以上、申し込みから返済までを通してカードローンの特徴を説明してきましたが、
キャッシングに対するイメージが変わった方も多いのではないでしょうか。
即日融資のカードローンは、カードが出来た瞬間から融資を受けられますし、
その後の借入、返済もATM等で気軽に行えますので、非常に便利です。
生活していく以上、お金は常に必要です。時には、手持ちのお金だけでは対応できない事もあるでしょう。
カードローンはそんな時に、あなたを手助けしてくれるだろうサービスの一つです。
カードローンの使い方や特徴を良く理解し、正しい返済計画を立てた上で上手に利用していきましょう。

即日融資のカードローンの特徴

最近は、昔に比べてお金を借りる事が非常に手軽になりました。
お金を貸す側である消費者金融業者でも、インターネット等を利用して、手続きを簡素化したり、
融資までの時間を短くしたりする等、様々なサービスを提供しています。
個人のレベルでお金が必要になる時というのは、不意の出費が重なった時等、急にやってくる事が多いです。
そのようなニーズに応えるサービスとして人気なのが、即日融資を謳ったカードローンです。
即日融資のカードローンにはいくつか特徴があるので、以下、実際に利用する場合の順を追ってそれについてご紹介します。
これらを把握しておく事で、今後何かの際にカードローンを利用する時に上手に活用することが出来るでしょう。


【 一緒に読まれる関連記事 】


最終更新日: 2017/02/22