低金利のカードローンなら

低金利のカードローン

お金を借りる時は「低金利」を重視

お金を借りる際に、重視するポイントとは何でしょうか。お金を借りることになった経緯や理由にもよるとは思いますが、大まかに次の2つに絞られる事でしょう。

お金を手にするまでの早さ
できるだけ低金利のサービス

低金利カードローン

即日融資サービスの充実

お金を借りたい時と言うのは、支払い猶予が目前に迫っていたり、欲しいものがあるが急がないと売り切れてしまう等、急ぎの場合が多いです。そんな時はやはり、すぐにお金を用立ててくれる業者を選びたくなるでしょう。

今日では、インターネットの利用等により即日融資が可能など、金融業者のほとんどがこの点におけるサービスを充実させており、この条件だけで業者を選ぶのは困難と言ってよいでしょう。

低金利のカードローンサービス

そこで、もう一つの基準となる金利に注目する事が大切になってきます。
もちろん、お金を手にするまでの時間に余裕がある場合も、後々の返済の事を考えれば金利を考慮した方が断然良いでしょう。

金利とは、お金を借りる時のレンタル料又は手数料のようなもので、お金を借りる際には必然的について回るものです。
お金を貸す側にとっては、金利がなければ儲けが出ませんので貸す意味がありません。
金利は一般的に一年あたりの年利で表され、金利によって生じる利息は、返済までの時間と借りている金額から計算します。

低金利のカードローンなら

例えば、30万円を年利18%で一カ月(30日)借りるとすると、

300,000×18%÷365×30=4,438

となり、一カ月後に304,438円を支払えば、返済が終了となります。

このように、短期間での返済の目途が立っている場合は、金利が膨れ上がると言う事はないので大きな問題はないでしょう。
最近では、「○○日までなら無利息」という商品もたくさん出ています。

給料日前にお金が必要になったが、必ず給料日には返済出来る等と言う場合は、
このような短期間での無利息を提供している商品を選ぶのも一つの方法です。
そもそも、すぐに返せる借金でしたら利息を払うのも少しもったいない気がしますね。
そういう時に、こういった商品を利用するのは賢い選択と言えるでしょう。

通常の利息計算

一方で、通常借金の返済は複数回に渡ってのことが多いです。
例えば、上記の例で返済方法を月々一万円とすると、一万円はまず一カ月分の利息の支払いに割り当てられるので、残りの5,562円を借入金300,000円から引いて294,438円が借金として残ります。

30,0000-5,562=294,438円

更に一カ月後も、294,438円に対して利息がかかり、返済金一万円は同様に利息支払いへ優先的に回されます。こういった事を月々繰り返して行くと、最終的に返済が終わるまでに、回数としては40回、時間にして約3年4カ月もかかります。(上記計算は、元利均等返済方法に基づきます。返済方法、金利計算の方法は他にもありますので、ご利用するローンの条件に必ずしも当てはまるとは限りません。)

このように、金利と言うものは、借り手が当初予想しているよりも多額になる事が多く、更に利率が高ければ高い程、利息は加速的に増えて行きます。良く聞く借金地獄に陥った人の多くは、金利を含めた返済計画の見通しが甘かった為に、そのような状況になってしまったケースが多いと言えるでしょう。

従って、余程急を要する場合を除き、お金を借りる時はやはり後々返済で困らない為にも、金利を良く吟味して低金利の商品を選ぶべきであると言えるでしょう。

低金利のカードローンなら

これまでは、低金利でお金を貸してくれる所の代表格と言えば、まずは国の融資、次に銀行のローンでした。

しかしこれには、必要条件や提出書類の多さ、手続きの複雑さ、そして審査が長期間に渡る等の難点があり、必要な時までにお金が手に入らない可能性もあります。

そうなりますと、他に低金利でお金が借りられる所としては、銀行等のカードローンが挙げられます。
消費者金融系のローンに比べると金利が安く、最近は法律改正の影響等も受け、各業者金利を低めに設定する傾向があります。

以前に比べると大分借りやすくなったという印象を受けるでしょう。
では、カードローンの中でもどの商品を選べば良いのかという問題が上がってきますが、

管理人が、おすすめする低金利のカードローンは「レイク」です。

01位

レイク

・「30日間無利息」「5万円まで180日間無利息」
・銀行系カードローンだから、総量規制対象外。
・平日14:00以降&土日でも、WEB契約で、ATMによる即日融資が可能

審査時間 最短即日
実質年利 4.5~18.0%
借入限度額 1~500万円

新生銀行カードローン レイク

お金を借りることが身近になった現在では、同時に借りる上での最低限の知識を身につけておくことが必要となります。
簡単に借りられるからと言って安易に借入を行うのではなく、どのように返済を行うべきか、
更にはどのように返済を行えば最も効率的なのかをきちんと理解したうえで賢くお金を借りるようにしましょう。
低金利で借りたカードローン

急いで資金調達する必要はなかったのですが、手元の銀行口座にはほとんど預金が無い状態でしたので、緊急にお金を用意する必要ができた場合に備えて、カードローンの口座を開設したいと考えました。消費者金融や銀行のホームページをたくさん見たのですが、できるだけ金利は低い方が良いですから、インターネット銀行のカードローンに申し込んでみることにしました。
通常、カードローンというのは当面の生活費に充てるためとか、給料日前の急ぎの消費のために借りるケースが多いと思います。
おそらく、給料日がきたら返済をするケースが多いため、30日無利息サービスは、かなり嬉しいです。

銀行系のカードローンは金利が安いのが魅力

少しでも安い金利でお金を借りるなら消費者金融より銀行のカードローンがお勧めです。銀行のカードローンの金利は14%程度と安く、消費者金融の18%程度と比べてもお得だと分かります。借入れ金額が大きいのも魅力で、まとまったお金を長期で借りてもそれほど気にならないと思います。

また、銀行のカードローンというと審査が厳しい感じもしますが、今は安定的な収入のあるパートやアルバイト、専業主婦の方も申込めます。専業主婦でも配偶者に安定的な収入があれば申込めますし、限度額は少なくなりますが、それでも急な出費に備えてカードローンを一枚持っていると便利です。

限度額以内なら繰り返しお金を引出せ、毎月小額から返済できるので計画的にお金を借りる事が出来ます。今は、消費者金融のCMや街の看板をよく見かけるようになり、以前より身近になりましたが、中には消費者金融からお金を借りるのに抵抗がある方もいます。

そのような方にも銀行のカードローンなら安心して使えるのではないでしょうか。使い道自由なので、生活費やブランドバッグの購入、エステや子供の塾の費用など好きに使えます。また、今は申込んだその日のうちにお金を借りられる銀行カードローンもありますし、急いでいる方にもお勧めです。

飲み会や出張先でコンビニATMからお金を引出しているサラリーマンもたくさんいますし、全国のATMで利用できるので旅行や出張にもカードローンを持って行くと安心です。


【 一緒に読まれる関連記事 】


最終更新日: 2016/08/16