カードローンの金利が借入後に下がるケースは滅多にありません。

そのため金利を下げるには、あらためて金利が低いカードローン会社に借り換えするほかないものです。

しかし、これでは二度手間になってしまいますよね。

そうならないためにも、はじめから低金利のカードローン会社を利用してキャッシングをするのが得策ではないでしょうか。

低金利の基準

低金利の基準をご存知でしょうか。

一般的に消費者金融よりも、銀行カードローンのほうが金利が低いといわれています。

とはいえ、銀行カードローンの中でもその金利差は大きくなり、どこのカードローン会社が低金利なのかどうか見極めが難しいものです。

低金利の明確な基準はありませんが、当サイトでは最高金利が15パーセントを下回るものを低金利だと考えています。

これは銀行カードローンの最高金利の平均が、おおよそ15%になるからです。

平均金利を下回るということは、その他の銀行カードローンよりも金利が低いという考え方ができますよね。

低金利の銀行カードローンなら

低金利の銀行カードローンなら、みずほ銀行カードローンがおすすめです。

みずほ銀行カードローンは最高金利が15%を下回るうえに、200万円以上の借入をする優良顧客になると、さらに低金利でカードローンサービスが受けられるようになります。

引き下げ金利にも対応してもらえる優れたカードローンです。

みずほ銀行カードローン

  • 銀行系カードローンの中でもトップクラスの低金利
  • 銀行系カードローンなので総量規制対象外。
  • WEB完結で24時間申し込み可能。最短即日融資も可能
審査時間 最短即日
実質年利 年3.0%~14.0%
借入限度額 1,000万円

低金利のカードローンのメリットとデメリット

低金利のカードローンのメリット

利息が抑えられる

利息が抑えられることが、低金利のカードローンを利用する最大のメリットといえます。

たとえば金利18%のカードローンと、みずほ銀行カードローン(金利14%)で50万円をキャッシングした利息額を比べると、その差は35,500円ほどにもなります。

これは36ヶ月で返済したケースを例示したものになりますので、月々の返済額が1,000円くらい変わってくることになります。すこしでも利息が抑えられれば、毎月の返済負担も軽くなるのではないでしょうか。

安心できる

低金利といわれているカードローンのほとんどは、誰もが聞いたことがあるような銀行のカードローンです。

消費者金融でキャッシングするとなると、すこし不安に思う人も多いようですが、銀行のカードローンなら安心できるのではないでしょうか。

とくにメガバンクのひとつであるみずほ銀行カードローンは、より安心だと感じますよね。

即日融資も受けられる

低金利の銀行カードローンは、金利が低いだけでなく、即日融資にも対応してもらえる場合があります。

通常のカードローンとほとんど違いがない上に低金利で利用できる、そんな嬉しいメリットもありますよ。

借り換えにも利用できる

現在の借入先よりも金利が下がれば、毎月の返済負担が減るわけですから、借り換えをすることで大きなメリットが得られます。

低金利の銀行カードローンは、借り換えとして利用するのにも最適ですね。

低金利のカードローンのデメリット

審査が厳しくなる

低金利になればなるほど、審査に通過するのが難しくなるといわれています。そのため銀行カードローンよりも、消費者金融のほうが審査に通過しやすいです。

たとえば勤続年数が1年未満と短かったり、過去に延滞や滞納の履歴がある人は、銀行カードローンでの審査通過が難しいと考えられますので、そういった人は消費者金融で審査を受けるのがベストです。

消費者金融で借入をするならプロミスを利用しましょう。プロミスは消費者金融の中で、もっとも低金利でキャッシングがおこなえます。

実質年率
プロミス 4.5〜17.8%
モビット 3.0%~18.0%
アコム 3.0%~18.0%
アイフル 4.5%〜18.0%

またプロミスには「30日間の無利息」サービスがあります。このサービスを利用すると、借入後から30日間の利息が無料になります。

無利息サービスを利用すると、通常のキャッシングよりも利息が小さくなるので、低金利のカードローンと同等のメリットが得られます。

むしろ借入後すぐに一括完済できるのであれば、低金利の銀行カードローンよりも、無利息サービスのある金融機関を選択したほうがいいくらいです。

このように、カードローンは状況に応じて選択するのが適切です。

代表的な無利息サービス

プロミスの30日間無利息サービス
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
レイクの「30日間無利息」「5万円まで180日間無利息」

低金利のカードローンの見分け方

上述でもすこし説明がありますが、低金利の銀行カードローンは最高金利で見極めるのがコツです。最高金利が、カードローンの平均である年率15%を下回っているものを選択しましょう。

カードローンの金利比較表

みずほ銀行カードローン 3.0%~14.0%
三井住友銀行カードローン 4.0%〜14.5%
静岡銀行カードローン 4.0~14.5%
楽天銀行スーパーローン 4.9~14.5%
オリックス銀行カードローン 1.7~17.8%
新生銀行レイク 4.5~18.0%

では、なぜ金利は最高金利で比較をしたほうがいいのでしょうか。

カードローンの金利が下がるのは、そのほとんどが100万円を超えるケースになります。

もちろん中には200万円、300万円のキャッシングをする人もいると思いますが、カードローンの場合はそこまで高額融資をしない人のほうが多いと思います。

したがって、ほとんどの人が最高金利になるといっても過言ではありません。

金利の計算の仕方

金利とは、お金を借りる時のレンタル料あるいは手数料のようなもので、お金を借りる際には必然的について回ります。

お金を貸す側にとっては、金利がなければ儲けが出ませんので貸す意味がありません。

金利は一般的に、一年あたりの年利で表されて金利によって生じる利息は、返済までの時間と借りている金額から計算します。

借入残高 × 実質年率 ÷ 365日 × 借入日数 = 利息額

さて、年率14.0%の銀行カードローンで、10万円のキャッシングを1ヶ月(30日間)したら利息はいくらになるのでしょうか。実際に算出してみました。

モデルケース

10万円 × 14.0% ÷ 365日 × 30日 = 約1,150円

ようするに借入後から1ヶ月以内に返済した場合、そこにかかる利息額は1,150円になります。

仮にキャッシング後から10日以内に一括返済すると、上述のモデルケースよりも借入日数が減少しますので、さらに低い383円という利息額になります。

このようにカードローンは早く返済すればするほど、そこにかかる利息額が小さくなります。

なるべく利息を抑えてキャッシングしたいのであれば、早期完済を目指しましょう。

金利が1%違うだけで1万円以上もの差がある

たった1%金利が違うだけでも、利息額は大きく変わります。

たとえば100万円のキャッシングをした場合、1%金利が違うだけで13,000円くらいにもなります。

では、この差が5%にもなれば単純に5倍になるということです。

たかが実質年率が1%違うだけと甘く見ていると、後悔するかもしれません。カードローンを利用するなら、0.5%でも1%でも金利が低いほうがいいのです。