申込をしたその日に、すぐお金を受け取りたい

そういった場合は、即日融資に対応してもらえるカードローンを選択しましょう。

即日融資がおこなえるカードローンなら、通常と変わらないサービスのまま、非常に早いスピードでキャッシングが受けられます。

即日融資で重要なポイント

即日融資を受けたいなら、審査スピードが早いカードローンを選択するだけでなく、申込時間への注意も必要です。

審査時間

審査時間は次のように表記されていることが多いです。ここで重要なのが、「最短当日」と書かれているカードローンは選択しないことです。

では、なぜ最短当日とかかれたカードローンを選択してはいけないのでしょうか。

審査時間が最短当日とかかれているカードローンは、当日中に審査結果が返ってこないケースが多く、即日融資が結果的に受けられないからです。

即日融資をおこなうなら、「最短30分」といった明確に時間が表記されているカードローンを選択しましょう。こういった明確な審査時間がかかれているカードローンであれば、即日融資に成功しやすくなります。

申込時間

申込時間は、振込キャッシングを受けるときに重要になります。なぜかというと、振込がおこなえる時間には限りがあるからです。

平日14時までにWEB → 振込キャッシングOK

この平日14時というのは、銀行が振込みをおこなえる時間のことを指します。

この時間を過ぎてしまうと振込みでの融資が難しくなるため、無人ローン契約機へいって、キャッシュカードを発行する必要があります。

ようするに、スマホだけでキャッシングサービスを受けたいのであれば、振込みがおこなえる平日14時がタイムリミットになるということです。

平日14時以降・土日祝日 → WEBにローン契約機へ

振込みがおこなえる時間を過ぎていたとしても、もちろん即日融資は受けられます。その場合は、申込をしたあとにローン契約機へ行くのが一般的です。

即日融資までの流れ

申込時間で、即日融資の方法が変わってくるということが理解できたとおもいます。融資方法が違うと、即日融資までの流れも少し変わってきます。

振込みキャッシングサービス(平日14時まで)

  1. WEB申込:あなた
  2. 審査:カードローン会社
  3. 振込み:カードローン会社
振込みキャッシングサービスは、申込をおこなって審査結果を待つだけでいいので、とても簡単に即日キャッシングが受けられます。

ローン契約機(平日14時以降・土日祝日)

  1. WEB申込:あなた
  2. 審査:カードローン会社
  3. ローン契約機:あなた

振込みキャッシングが受けられない場合は、ローン契約機でカードローン専用のキャッシュカードを発行しなくてはいけません。このキャッシュカードを発行することで、当日中に融資金が受け取れます。

振込みキャッシングの時間が過ぎても口座があればスマホ完結できる

振込みキャッシングの時間が過ぎてしまっている場合でも、指定口座を持っていればスマホ完結がおこなえます。

次のようなカードローンは即日融資に対応してもらえるだけでなく、指定された口座があれば平日14時以降や、土日祝日でも振込みキャッシングをおこなってもらえます。

口座があれば土日祝日でも振込みキャッシングできる
プロミス 三井住友銀行、もしくはジャパンネット銀行の口座
モビット 三井住友銀行、もしくは三菱東京UFJ銀行の口座
平日14時以降や土日祝日に、スマホだけで契約をおこないたいのであれば、持っている口座に振込みをしてもらえるモビットやプロミスを選択するのがベストでしょう。

即日融資の審査に通過するコツ

申込は1社だけに絞る

複数のカードローン会社に申込をすると「申込ブラック」になります。申込ブラックとは、いわゆるブラックリストに載ってしまうことをいいます。

申込ブラックになると、その後6ヶ月間はキャッシング審査だけでなく、自動車ローンやクレジットカードなどのあらゆるローン審査に通過しづらくなります。

「今すぐキャッシングしたいけど、どこがいいか分からない」そんな理由から、いくつものカードローン会社に申込をしてはいけません。キャッシングの申込は、1社だけに絞るのがベターです。

申込情報は正確に

いくら急いでいるからといって、適当に申込情報を記入してはいけません。もしも重要項目で情報に誤りがあることが発覚すると、こちらもブラックになりカードローン審査に通過しなくなります。

たとえば年収や他社からの借入金額、勤務先の情報など。これらの重要項目はとくに審査のときに大きく影響しますので、正確に記入するようにしましょう。

必要書類を確認する

基本的に、身分証明書があればカードローン契約がおこなえます。この身分証明書とは、運転免許証や健康保険証、パスポート、年金手帳などのことです。

しかし消費者金融なら50万円を超える場合、もしくは他社からの借入金と借入希望額が合わせて100万円を超える場合に収入証明書の提出も必要になります。(色付け)

収入証明書類とは、その名の通り収入を証明する書類のことをいい、源泉徴収票、給料明細書、確定申告証などがこれにあたります。

もしもすぐに収入証明書が用意できないような状況にあるなら、収入証明書が必要ない金額の借入をおこなうといいでしょう。

収入証明書なしでキャッシング

※上記は、消費者金融でキャッシングをした場合のものです。

仮にすでに60万円の借入金があるなら、あと40万円までの借入であれば収入証明書を提出する必要はありません。

「40万円では希望額に達しない、もっと借入したいけど収入証明書の提出はないほうがいい。」そんな人には、新生銀行レイクの利用をおすすめします。

レイクであれば、レイクからの借入金が100万円を超えなければ収入証明書の提出が必要ありません。

ようするに、すでに60万円の借入金があったとしても、レイクからの借入額が100万円を超えなければ収入証明書を提出しなくてもいいのです。

在籍確認なしで即日融資ができるカードローンは?

在籍確認とは、カードローン会社から勤務先に電話連絡がいくことをいいます。この在籍確認をクリアしなければ、カードローン審査には通過しません。

しかし勤務先への電話を懸念する人も多くいますよね。

もしも会社にカードローンの利用がバレてしまったら、そう思ってカードローンの利用を躊躇してしまう人も多いことでしょう。

それなら、モビットを利用されてはいかがでしょうか。

モビットは、社会保険証や運転免許証などの書類提出のみで在籍確認がおこなえるため、在籍確認の電話連絡なしでの即日キャッシングに対応してもらえます。

即日融資が受けられない条件

次のような場合、即日融資が受けられない、あるいは受けないほうが良いケースになります。

婚姻していても未成年者は即日融資が受けられない

未成年者は即日融資どころか、カードローンの利用すらできません。

法律により未成年者でも婚姻をしていれば成人として認められるケースもありますが、カードローンはたとえ婚姻をしていても利用することができません。

では、なぜ20歳未満はカードローンの利用ができないのでしょうか。

未成年者は、未成熟で社会的な経験が不十分なため、適切な判断ができないといわれています。そのため未成年者は法律により保護されているので、その契約の取消しがおこなえます。カードローン契約が無効とされてしまうと、金融業者はそれまでにかかった手続きや貸付金がムダになってしまいますよね。

未成年者への貸付は金融機関側のリスクが高くなるので、20歳未満はカードローンを利用することができないのです。

無審査で即日融資できるキャッシング会社は危険

金融業者は、貸付契約を結ぶ場合、返済能力の調査いわゆる審査をすることが義務付けられています。つまり、無審査でキャッシングをおこなう行為は、違法行為となり刑罰が課せられるのです。

無審査でキャッシングをおこなうような金融機関は、その時点ですでに違法行為を犯しているため、その金融機関では借入してはいけません。

最近では、無審査による闇金でのキャッシングは違法行為だから返済しなくてもよいといった旨の内容をみかけますが、闇金と戦うにはまず弁護士を雇わなくてはいけません。

その弁護士費用も安くはなく、なんとかお金を工面したとしても解決するまでの間、違法業者からの嫌がらせ行為はつづきます。

そんな状況下にあなたは耐え続けられますか。おそらくほとんどの人が、窮地に追いやられてしまうことでしょう。

闇金でのキャッシングは取り返しがつかないことになってしまうため、どんなにお金が必要な状況であっても借入しないようにしましょう。

しっかり審査がおこなわれた上でキャッシングがおこなえる金融機関であれば、法律の範囲内で安全に利用することができます。

無職への貸付は不可

「現在、就職活動中でいずれ返済の目処が立つ。」

そんな前向きな状況あっても、仕事をしていなければ収入が見込めないためキャッシングサービスを受けることができません。

先ほどもいったように金融業者は、返済能力を調査した上での貸付が義務付けられています。そのため返済の見込みが持てない人に対して、貸付をおこなうことができないのです。

仕事を辞めているときこそ、お金が必要になるとおもいますが、残念ながら借入がおこなえないので手元にある資金でどうにかやりくりするしかありません。